日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 躍進目覚ましい中国ゲームパブリッシャー!

躍進目覚ましい中国ゲームパブリッシャー! 年間売上1兆円突破の驚愕でケタ外れの数字

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

躍進目覚ましい中国ゲームパブリッシャー! 年間売上1兆円突破の驚愕でケタ外れの数字の画像1 首都圏の緊急事態宣言の延長が決定し、もうしばらく巣ごもり需要が続くと思われる現在、ステイホームでゲームをする人たちも増えてくるだろう。国内のトピックとしては、徐々に解消されつつはあるもののPS5の品薄で、現状はSwitchの一人勝ち状態が続いている。

 一方、グローバルでの市場はどうだろうか。こちらは中国のゲームパブリッシャーが怒涛の勢いで、ケタ外れの数字を叩き出している。ここでは最近発表された数字を見ていきたい。

『荒野行動』や『IdentityV 第五人格』など、日本でも大人気のゲームを配信しているのが中国のNetEase。同社は日本市場も大切にしており、先月には『荒野行動』のゲーム内でバーチャルLIVE「乃木坂46 LIVE IN 荒野 -Valentine Special-」を実施して話題となった。

 去る2月26日に公開されたNetEaseの決算資料によると、同社の年間売上(2020年1月~12月)は、なんと約1.2兆円にも及ぶ。この大部分はオンラインゲームサービスによるものだ。具体的には、約9,005億円(全体の約72%)がスマホゲームとなっている。

 冒頭で紹介した『荒野行動』と『IdentityV 第五人格』は、「記録的な売上を出した1年だった」としている。同社はPC用オンラインゲームも配信はしているが、この売上を支えているのはモバイル領域だ。

躍進目覚ましい中国ゲームパブリッシャー! 年間売上1兆円突破の驚愕でケタ外れの数字の画像2

 同社のゲームラインナップは、自社開発とIPタイトルの2つに大別できるのだが、後者がかなり強力で、2020年度では『遊戯王 デュエルリンクス』を中国市場でリリースしたことが好材料になった格好。

 今後のIPラインナップも、『ハリー・ポッター: 魔法の覚醒』や『The Lord of the Rings: Rise to War』に加えて『ディアブロ イモータル』に『ポケモンクエスト』と、ゲームファンならずとも聞いたことのある強力なタイトルが待っている。

 もちろん、どのタイトルもかなりの開発費が投じられているだろうが、強力なIPでロケットスタートが期待できそうだ。

 元気のある中国パブリッシャーと言えば、miHoYoも忘れてはならない。同社は2011年頃に、日本のオタク文化を取り入れたモバイルゲームを制作するために起業された会社。スローガンは「tech otakus save the world」(技術的なオタクは世界を救う)となっている。

 起業時から日本市場を強く意識したゲームを開発しており、最近では2021年9月にリリースした『原神』がスマッシュヒットを記録している。同タイトルは、オープンワールド型のアクションRPGで、「テイワット」という幻想世界を冒険していく。

 アメリカの調査会社Sensor Towerの発表によると、リリースから約5ヵ月間にモバイル版(App StoreとGoogle Playの合計)でおよぼ940億円もの売上を記録しているという。

躍進目覚ましい中国ゲームパブリッシャー! 年間売上1兆円突破の驚愕でケタ外れの数字の画像3

 ちなみに、この5ヶ月間の売上トップ3は、1位が『伝説対決 -Arena of Valor-』(約1,290億円)、2位が『PUBG MOBILE』(約1,183億円))で、3位に『原神』がランクイン。4位は『ポケモンGO』(約700億円)なので、いかに好調かが見て取れる。

『原神』はPC版と家庭用ゲーム機版もリリースされており、これらの数字は公開されてないものの、さらなる売上になっていることは間違いない。

 新型コロナウイルスの影響で好調な数字をほとんど聞かない現状がある中、中国パブリッシャーの躍進は目覚ましいものがある。ゲームのクオリティーもかなり高いレベルになってきており、今年も目が離せない。

辻 英之(つじ・ひでゆき)

辻 英之(つじ・ひでゆき)

起きてる間が営業時間のプロ編集者。ゲームメディアの編集長、IT企業での経験を活かし、デジタルエンターテイメント分野記事を中心に寄稿中。ビジネスジャーナルでは『オレの周りはゲームばかり』を連載中。

最終更新:2021/03/11 06:00

躍進目覚ましい中国ゲームパブリッシャー! 年間売上1兆円突破の驚愕でケタ外れの数字のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

YOASOBIが深夜ラジオで飯テロ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真