日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 歌広場淳、おとはす、三代目ELLYがガチゲーマーすぎる

三代目ELLYは過去にゲーム賞金1万ドルを寄付! 歌広場、おとはす…ゲームへの情熱がケタ外れのガチゲーマー3名

ゲームへの情熱がケタ外れのガチゲーマー3名:歌広場、おとはす、ELLYの画像1
左が今市隆二で右がELLY。(写真/GettyImagesより)

 新型コロナウイルスの影響や緊急事態宣言の発出などで巣ごもり需要が続いているが、中でも元気がいいのがゲームジャンルだ。PS5はいまだ抽選販売が続いているし、Switchは本体もゲームも売れまくっている。

 また、動画や配信でも「ゲーム実況」は1つのジャンルとして確立され、昨年あたりからタレント・芸能人も多数参加しているジャンルでもある。タレント・芸能人のゲーム実況はガチのプレイを見せるコンテンツはほとんどなく、あえて下手なプレイをハラハラしながら見たり、視聴者が攻略法をコメントで教えるといった楽しみ方がメイン。

 しかい、中には「うまっ!」と言葉が出てしまうプレイや、1つのゲームへの情熱が半端ないいわゆるガチゲーマーも存在する。ここでは3人のタレントガチゲーマーを紹介したい。

金爆の歌広場淳はウメハラへのラブコールでスト5のグラマスに!

 ゴールデンボンバーの歌広場淳が、人気格闘ゲーム『ストリートファイター5』(以下、スト5)でのランクがGRAND MASTER(グラマス)に到達したことを自身のツイッターで明らかにした。これだけ聞いても、なにがどうすごいのかわからない人もいることだろう。

 スト5では、ランクマッチで獲得できる「LP」(リーグポイント)と呼ばれるものがあり、勝敗に応じて上下する仕組みになっている。簡単に言うと、対戦時の強さの目安のような位置づけだ。このLPに応じて8種類のランクに大別されており、今回歌広場淳が到達したグラマスは上から2番目の区分だ。

 よりわかりやすい数字で言うと、「スト5プレイヤー全体の中での上位0.14%」といえば伝わるだろうか。これは並大抵のことではない。

 自身のツイッターでの投稿にもあるように、この情熱はプロゲーマーのウメハラに認知してもらって、彼のラジオに出演したい思いが行動につながっている。普通で考えると紅白出場経験が何度もあるグループの一員であれば、知名度・認知度はすでにあるはずだが、ウメハラと同じ土俵のスト5で認めてもらいたいというガチ中のガチの情熱には1人のゲーマーとして感服する。

 スマホゲームとは違い、課金して周回すればレベルが上がるという単純なことではなく、負けるとLPが下がるという現実がありながらの今回の到達は見事としかいいようがない。この情熱はまさに本物で、格ゲーマーの間でもガチプレイヤーとして一目置かれている。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed