「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品

文=オサーン

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像1「日清のどん兵衛」と言えば、東洋水産の「赤いきつねと緑のたぬき」と並ぶ和風カップ麺のビッグブランド。看板商品の「きつねうどん」と「天ぷらそば」は、数あるカップ麺の中でもトップクラスに売れる定番中の定番商品です。

 これだけのビッグブランドでありながら、「どん兵衛」は変わり種を多く登場させる遊び心たっぷりのシリーズでもあります。今回は、その遊び心をクローズアップし、面白い「どん兵衛」を3品ご紹介します。

最長1mの“長~い”麺!「日清のどん兵衛 天ぷらそば いつもより長~い長寿祈願そば」

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像2
「日清のどん兵衛 天ぷらそば いつもより長~い長寿祈願そば」(2021年2月8日発売)

 まずは、「日清のどん兵衛 天ぷらそば いつもより長~い長寿祈願そば」193円(税別)。いかにも成金が好みそうな光り輝くゴールドのゴージャスなパッケージで、いつもよりずっと長い麺が特徴の「長寿祈願」の商品です。麺の長さはなんと最長1m!

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像3
昨年発売されていたどん兵衛と双子のような存在

 昨年11月には発売された「日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」という商品は、湯戻し8分の極太麺「どん兵衛史上最もっちもち麺」が特徴でしたが、今回は太さではなく長さが売り。太さの次は長さとくれば、うどんとそばの違いはあれど、この2つは双子のような商品ですね。

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像4
一見、いつものどん兵衛天そばと変わらない

 褐色のつゆにあとのせサクサク天ぷらと七味唐辛子の組み合わせは、いつものどん兵衛天ぷらそばと大きな違いはありません。内容量や麺量も通常商品と同じ。

 つゆはかつおだし強めの醤油味で、「東」「西」「北」の3種あるどん兵衛天そばのバリエーションの中では、東に近いのではないかと思います。ただそれほど極端に醤油が濃いわけでもないので、普段「西」に慣れ親しんでいる方も問題なく食べられるでしょう。

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像5
今回の長い麺(上)は通常の麺(下)の倍くらいの長さ

 麺の長さを通常商品と比較したかったので、今回の商品と通常商品の麺をそれぞれ無作為に5本抽出し、中から最も長い麺を選んでみました。それぞれ一番長い麺は「長寿祈願そば」は72cm、なお通常のどん兵衛は35cmでした。

 5本抽出した中には最長1mに達する長さのものはありませんでしたが、それでも通常の倍の長さがあるので、啜る時の肺活量が倍必要で大変です。肺活量が鍛えられた結果、健康になって長寿になれるかもしれませんね。

ガツンとかつおだしの“焼うどん”!「日清のどん兵衛 きつね焼うどん」

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像6
「日清のどん兵衛 きつね焼うどん」(2021年2月22日発売)

 続いては、「日清のどん兵衛 きつね焼うどん」193円(税別)。パッケージデザインだけ見ると定番の「どん兵衛きつねうどん」と同じですが、その汁なしバージョンの焼うどんです。

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像7
ライバルの「赤いきつね」からも毎年焼うどんが出ている

「どん兵衛きつねうどん」の強力なライバルである「赤いきつね」からも、毎年焼うどんが期間限定で発売されています。通常のきつねうどんよりもかつおだしや醤油が強く、東日本仕様の味に近い焼うどんです。

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像8
かつおだしの強いつゆに粉末だしやきざみ揚げ

 かつおだしの強い醤油味のつゆに、つゆのだし感を高める「七味入り粉末だし」ときざみ揚げが入っています。きざみ揚げたっぷりでたまごやかまぼこも入っている「赤いきつね焼うどん」に比べると具は物足りないですが、粉末だし入りで、だしの厚みにこだわった商品と言えるでしょう。醤油味が濃いめで、「赤いきつね焼うどん」同様、関東風の味付けとなっていました。

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像9
だしの厚みを加える「七味入り粉末だし」

「どん兵衛」といえば昆布だしの強いイメージがありますが、今回の焼うどんはつゆのかつおだしが強い上に、さらに「七味入り粉末だし」を加えることで、かつおだしのパンチが強くなります。「赤いきつね焼うどん」以上に昆布の丸みがなく、醤油やかつおでキリッとした味わいでした。

 いつものどん兵衛らしい丸みはありませんが、七味やネギの風味で、だしの味に広がりを持たせています。粉末だしの香りの良さがかなりのスグレモノで、この商品の最大の特徴と言えるでしょう。

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像10
ストレート形状で幅広のうどん

 麺は、いつもの「どん兵衛」に比べると多少幅広。ストレート形状なのは汁なし麺でもしっかり引き継いでおり、縮れの強い麺を使う「赤いきつね焼うどん」とは好対照です。ストレートで本格感の「どん兵衛」に対し、縮れでカップ麺らしい「赤いきつね」という構図になっていました。

安いのにバッチリおいしい“そうめん”!
「日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った温つゆおそうめん」

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像11
「日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った温つゆおそうめん」(2021年2月22日発売)

 最後に紹介するのは、「日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った温つゆおそうめん」125円(税別)。「あっさりおだしがおいしい」冠したどん兵衛は、これまでうどん1種、そば2種発売されており、いずれも通常のどん兵衛の定価193円(税別)より安価な125円でした。100円ショップ等でも売られている場合がありますが、安価な割においしいと評判です。

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像12
うどんでもそばでもない「そうめん」のどん兵衛

 そして今回は、「あっさりおだしがおいしい」どん兵衛の初となる「そうめん」。うどんでもそばでもないどん兵衛で、いかにも春らしいパステルなパッケージが目印となっています。カップ麺でそうめんというとなかなか珍しいですが、これまで「カップヌードル」シリーズや「わかめラーメン」シリーズでは何度か発売されてきました。

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像13
あっさりながら薄味ではないつゆと本格食感のそうめん

 かつおや昆布など和風だしを効かせた薄口しょうゆ味のつゆです。商品名通り、確かにあっさりはしているのですが、決して薄味ではなく、昆布の丸みとかつおのキレが両立したハッキリした味わいのだしでした。安っぽさは一切ありません。

 合わせる麺は、細くてストレート形状の油揚げ麺のそうめん。まるで本物のそうめんを茹でたような、到底油揚げ麺とは思えない本格的な食感です。カップ麺のそうめんは高額な商品で使われることが多いノンフライ麺が多いのですが、このデキなら油揚げ麺でも文句ないでしょう。

【完成】「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品の画像14
4種の具が入って充実!

 具として入っているのは、わかめ、たまご、椎茸、花形のかまぼこ。さすがに通常のどん兵衛の大きなお揚げや天ぷらに比べるとボリュームは見劣りしますが、価格を考えると具の量は多いです。

 あっさりだしの中で、わかめや椎茸の風味がきちんと映えており、たまごの黄色や花形かまぼこのピンクも映えていました。パッケージだけではなく中もパステル。味も量も見栄えも、とても100円程度で買えてしまう商品とは思えませんでした。

どん兵衛の「そうめん」は特におすすめ!

 定番和風カップ麺「日清のどん兵衛」の、変わり種3品をご紹介しましたが、長いおそば、焼うどん、そしてそうめんと、バラエティに富んでいました。どれもおすすめですが、特に3つめに紹介したそうめんが、あっさりだがキレのあるつゆ、本格感のある麺、そしてあっさりだしの中で映える具が素晴らしく、特に美味しゅうございました。春の装いの一杯を、この季節にいかがでしょうか。

オサーン

オサーン

カップ麺ブロガー&ライター。ブログで10年以上、5000食以上のカップ麺新商品をレビューしています。@ossern「カップ麺をひたすら食いまくるブログ」

最終更新:2021/04/26 19:31

「日清のどん兵衛」はきつねや天ぷらだけじゃない! 変わり種カップそば3品のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Aマッソ加納「新しいお笑いをやりたくてこの番組やってんのよ」…裏切りのオチ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

桐山瑠衣が吐露するグラビアアイドルの実情…

 あどけない顔立ちと爆乳を武器に、30歳となった今も第一線で活躍するグラビアアイドル...
写真