日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 解散までに全員ゴールイン?V6の熱愛

注目されるV6の熱愛…解散までにメンバー全員が芸能人とゴールイン?

文=日刊サイゾー

「解散までにメンバー全員が芸能人とゴールイン? 注目されるV6の熱愛」の画像1
V6 avex 公式サイトより

 V6がデビュー26周年を迎える今年11月1日をもって解散することを発表してから一夜明けた13日、リーダーの坂本昌行が福岡県内で上演された主演舞台『Oslo(オスロ)』に出演し、カーテンコールで心境を明かしたことを、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、異例の4回目のカーテンコールで、坂本が「本来は、こういう場でお話しすることではないんですが、昨日V6の解散ということをお伝えさせていただきました」とあらためて報告。

 森田剛が解散の言い出しっぺだったことを明かし、「皆さんにとっては、非常につらくて悲しいお知らせではあったと思いますが、第2章のスタートとして、僕たちはこのエンターテインメントの世界に居続けます」と話し大きな拍手を浴びたという。

 リーダーとしての責任をしっかり果たした坂本だが、プライベートでは昨年8月、2018年秋の舞台『TOP HAT』での共演をきっかけに交際に発展した、元宝塚トップスターの朝海ひかるとの関係が報じられている。

「元モーニング娘。中澤裕子との長期間の交際を経て、その後は女優の大塚千弘と交際したがいずれもゴールインに至らず。坂本には結婚願望がなさそうだったが、朝海とはすでに何年も交際しているカップルのような雰囲気だったとか。さすがに、事実婚で済ませるようなことはないはずだが…」(舞台関係者)

 V6といえば、所属するジャニーズ事務所のほかのグループのメンバーたちがなかなか結婚することがかなわない中、メンバー6人中4人が結婚。

 おまけに、井ノ原快彦は女優の瀬戸朝香、長野博は女優の白石美帆、岡田准一は女優の宮崎あおい、そして、V6解散に伴いジャニーズを退所する森田は退所を後押ししたと言われる女優の宮沢りえと結婚。近年、一般人とのゴールインが目立つ中、メンバー全員が芸能人と祝言を上げている。芸能記者はこう語る。

「残るは坂本と三宅健だが、三宅は19年にモデルの比留川游との交際が報じられ、かなり“イイ線”までいっている感じ。世間では、コロナの影響で、なかなか会えない日々を避けるため、結婚するカップルが増えていることもあるので、坂本と三宅が解散までに結婚に踏み切る可能性もありそう。V6のファンたちはメンバーの結婚にも寛容なので、結婚しても解散後の人気影響は出ないはず」(芸能記者)

 解散までにメンバー全員が“芸能人”とゴールインすることはあるだろうかーー。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/15 19:00

注目されるV6の熱愛…解散までにメンバー全員が芸能人とゴールイン?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

韓国ドラマの「少年ジャンプ」的必勝パターン

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロ...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真