日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『鬼滅の刃』成功は必然だった―

『鬼滅の刃』成功は必然だった―先行投資と芸能界重鎮へのパイプがつくり上げた“ソニー帝国”の軌跡

文=与良天悟(よら・てんご)

『鬼滅の刃』成功は必然だった―先行投資と芸能界重鎮へのパイプがつくり上げたソニー帝国の軌跡の画像1
劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』公式サイトより

 近年はインターネットの普及やSNSの発展、新型コロナウイルスの感染拡大などの影響により不況が続いてる芸能界だが、業界の不振をよそにますます存在感を増しているのが、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下、SME)だ。

 2018年3月期決算では約1000億円もの増収を達成すると、20年3月期の決算発表では2886億7600万円の総資産を記録している。
 
 実際、最近のエンタメ業界を振り返ると、子会社の株式会社アニプレックスが製作を手掛けて昨年10月に公開された『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が一大ブームを築き、同年12月に発表された『輝く!日本レコード大賞』では同映画の主題歌で、SME子会社の株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ所属、その傘下レーベルSACRA MUSICのLiSA『炎』が年間大賞を受賞。

 さらに、20年大晦日の『NHK紅白歌合戦』をソニー系レーベル所属アーティストで見ると、LiSAのほか、郷ひろみや鈴木雅之、乃木坂46、櫻坂46、日向坂46、Little Glee Monster、Foorin、NiziU、JUJU、miletが出場。今年に入ってからもソニー・ミュージックアーティスツが、前所属事務所からの独立騒動が注目を集めた人気若手女優の森七菜の業務提携先に決定するなど話題には事欠かない。

 もっともその隆盛は近年に始まったことではなく、音楽業界では古くから“ソニー帝国”は別格という見方が根強くあるようだ。

 大手CD、DVD販売チェーンのベテランバイヤーはこう明かす。

「他のレコード会社は大半が『店舗に置かせてもらう』というスタンスで、店に出荷した商品がお客さんに買われた段階で初めて売り上げが立ちます。他社もアーティストによってはそうでしょうが、ソニーに関しては売れる、売れないに関わらず基本的に他社んみ比べ買取となるケースが多い。よほど商品に自信があるのか、“ソニー帝国”ならではの強気なスタンスですよね」

 こうした手法は出版業界でも老舗や大手出版社に見られるが、そんなソニーの天下は1970年代にまでさかのぼる。

123

『鬼滅の刃』成功は必然だった―先行投資と芸能界重鎮へのパイプがつくり上げた“ソニー帝国”の軌跡のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家に嫁いだ悲劇の皇女・和宮物語

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真