日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国メディアも揺れたアニメーターの死

『黒執事』のアニメーター芝美奈子さんの訃報に、中国メディアも揺れた──SNSでは異例のトレンド入り

文=廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

『黒執事』のアニメーター芝美奈子さんの訃報に、中国メディアも揺れた──SNSでは異例のトレンド入りの画像1
『黒執事 I』【完全生産限定版】 [DVD]

 3月16日、アニメ制作会社のぴえろ、P.A.WORKSなどは公式サイトで、アニメーターの芝美奈子さんが亡くなったことを伝えた。ぴえろの公式ツイッターでは「弊社作品では『ヒカルの碁』『テガミバチ』などでキャラクターデザインを務められた芝美奈子さんが亡くなられました。謹んでお悔やみ申し上げます」と追悼のコメントを投稿している。

 今回の芝美奈子さんの突然の訃報は、中国でも伝えられ、大手メディアが速報で報じるなど、異例の事態となっている。中国のWeibo(中国版ツイッター)では、訃報のニュースが伝えられた当日、“芝美奈子逝去”のキーワードがトレンド入りし、最高8位にランクインするなど、中国国内でも多くのネットユーザーに注目され、70万件以上もの哀悼のコメントが寄せられている。

『黒執事』のアニメーター芝美奈子さんの訃報に、中国メディアも揺れた──SNSでは異例のトレンド入りの画像2
中国のSNSでは急遽、スレッドが作成され多くのファンからの哀悼のコメントが寄せられた

 実際に中国人ネットユーザーからは、「中国でも大人気の名探偵コナンの制作にも芝先生は関わっていた。偉大な人がまた旅立ってしまった」「黒執事、幽遊白書、コナン、私が小さい頃から愛してアニメを担当していた芝美奈子先生。ご冥福をみんなで祈ろう」「黒執事に捧げた私の青春は芝先生がくれたものでした。本当にありがとうございました」など、突然の訃報に哀悼のコメントが大量に寄せられているのだ。

 芝美奈子さんの知名度が中国で大きく上がったきっかけは、『黒執事』の中国での爆発的なヒットがあった。芝さんがキャラクターデザインを手がけた『黒執事』は、2006年に連載が開始され、これまでアニメや映画、さらには舞台化されるほどの大ヒットとなっている。その人気は日本に留まらず、中国でもファンが急増し、中国国内のコスプレイベントでも、多くのファンが登場キャラクターに扮した写真をSNSに投稿する様子も多く見られている。さらに2015年12月には、上海・北京・深センの3都市で舞台公演も行われるほどの人気ぶりだった。

 3月15日には、日本アニメ界の巨匠で「ルパン三世 カリオストロの城」などで作画監督を務めた大塚康生氏が逝去した。中国でも非常に著名な巨匠たちの相次ぐ逝去に、中国メディアは「アニメ界にとって計り知れない損失だ」と報じた。

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

明治大学卒業後、中国の重慶大学へ留学。メディア論を学び、帰国後は中国の社会問題についてウェブメディアを中心に執筆している。

最終更新:2021/04/09 09:00

『黒執事』のアニメーター芝美奈子さんの訃報に、中国メディアも揺れた──SNSでは異例のトレンド入りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

YOASOBIが深夜ラジオで飯テロ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真