日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 「小室圭文書」と弁護士口調の貫禄

小室圭さん“結婚へのキーマン”は美智子上皇后――「小室圭文書」の公開と元婚約者をめぐる弁護士口調の貫禄

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

スポーツ庁長官・室伏広治が人知れず患った難病に世界中が注目!

 今週の第1位は新潮のこの報道に授与したい。

 東京五輪に関わる人間たちのお粗末さが、様々なメディアで報じられているが、そんな中で、スポーツ庁長官に就任した室伏広治(46)は唯一の希望の星だったはずである。

 ハンマー投げのアテネ五輪金メダリストで、ロンドン大会まで4大会連続で出場するなど、まさに「鉄人」といってもいい頼もしい存在だった。

 だが新潮によると、人知れず難病「脳リンパ腫」と闘っているというのだ。

 昨年秋に歩き方がおかしくなり、転んだりするから検査を受けたところ、脳腫瘍の疑いがあったので開頭手術をしたそうだ。それで脳原発性の悪性リンパ腫であることが判明したというのだ。

 この病気の発症者は10万人に1人といわれる稀な病気だが、決して難病ではないという。

「50歳以下であればほぼ完治する病気です」(さる脳外科医)

 順調なら、自分の骨髄の細胞を移植するので、副作用のリスクも低いため、ゴールデンウィーク明けには完治して退院できるという。

 だが、「この治療の場合、点滴で骨髄を移植した後、抵抗力がゼロになる。だから2週間ほど無菌室で入院するはずです」(同)

 万が一東京五輪が開催されれば、白血病を克服した女子水泳界の池江璃花子と悪性リンパ腫を克服した室伏スポーツ庁長官が、世界から注目を集めることになる。

 室伏の回復を祈りたい。(文中敬称略)

元木昌彦(もとき・まさひこ)

元木昌彦(もとき・まさひこ)

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"。

サイト:記事一覧

最終更新:2021/04/13 11:00
123456789

小室圭さん“結婚へのキーマン”は美智子上皇后――「小室圭文書」の公開と元婚約者をめぐる弁護士口調の貫禄のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

切磋琢磨しない芸人像はリアルなのか?

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

DJ HASEBE語る志村けん

 志村けんが逝去してから1カ月以上が経っても、テレビ業界をはじめ、一般層にも広がる志...
写真