日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > コロナ禍でVRゲームが本格的に流行の兆し

バイオ4のVR化やVRゲームイベント初開催で活性化の動き…コロナ禍のVR需要か

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

 VRといえば、これまでにも何度も話題に登場してきたものの、思ったほど普及していないイメージがある。実際、筆者の周りのゲーマーたちも、興味はあるものの機材を持ってない人が大多数。

 加えて、プレイしたいVRタイトルがこれといってないという言葉も異口同音に聞かれ、導入には至ってないケースが見受けられる。しかし、新型コロナウイルスの影響による巣篭もり需要で、ここ最近息を吹き返しそうな気配が出てきた。

 VRゲームを楽しむためには、プラットフォームごとに必要要件は異なれど、概ねヘッドセットを別途用意する必要がある。家庭用ゲーム機であれば、PSシリーズでも楽しむことができるが、必要機材がセットになったパックを購入するとしても数万円単位の出費となる。

 こういった状況が続いていた中、2020年10月にオールインワン型のVRユニット「Oculus Quest 2」が登場。オールインワンの言葉どおり、家庭用ゲーム機やPCは不要でVRゲームが楽しめるスタンドアローン型のユニットだ。

 ヘッドセットとコントローラー(2個)で構成されているOculus Quest 2は、従来製品からパワーアップしつつ、価格も入手性も向上した製品となっている。

 価格も64GBモデルで33,800円、256GBモデルで44,800円(いずれも税別)と、比較的手頃な価格帯。これまでのVR機材は入手性にも難ありと言わざるを得ない状況だったが、Oculus Quest 2はヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店サイトでも購入できる。

 それで、どんなVRゲームがあるの? という話になるが、ここに来て大きく動きがありそうだ。

123

バイオ4のVR化やVRゲームイベント初開催で活性化の動き…コロナ禍のVR需要かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

野生児の実像に迫る問題作『野良人間』レビュー

 文明社会とまったく関わることなく育った人間...…
写真
インタビュー

小倉優香、ダイエット成功で意欲

 4月、小倉優香がインスタグラムで美しく割れた腹筋と共に2年越しのダイエット成功、そ...
写真