日刊サイゾー トップ > カルチャー  > ゲーム配信VTuberトップ10が日本人だらけ

やっぱり日本はゲーム大国!? グローバルVTuberトップ10に日本人7名がランクイン!

やはりか?意外か!? ゲーム配信でVTuberが活躍! グローバルVTuberトップ10に日本人7名がランクインの画像1 新型コロナウイルスの影響による巣ごもり需要でゲーム配信が活性化し、今や1つのジャンルとして確立している。近年ではタレントや芸能人もこぞってゲーム配信を行い、人気のコンテンツとなっている。

 このような状況の中、スペインの調査企業Stream Hatchetが2021年Q1(四半期)におけるゲーム配信のデータを公開した。このデータによると、日本のVTuberの躍進が見て取れる。

 Stream Hatchetのデータによると、ゲーム配信の視聴者/日は21年に入ってからも依然として伸び続けており、20年比で80%増、19年比では139%増にもなっているという。

やはりか?意外か!? ゲーム配信でVTuberが活躍! グローバルVTuberトップ10に日本人7名がランクインの画像2

 上記グラフの最初の山(1)は、『Rust』によるもの。Rustは最大100人のプレイヤーたちがある島で対サバイバルを繰り広げるゲームだ。有名ストリーマーたちがこぞって配信をした結果、この山ができたようだ。

 (2)は1月24日のもので、『モバイル・レジェンド: Bang Bang』の世界大会決勝が行われたためだ。日本では「モバレジェ」の略称で知られているこのゲームは、『League of Legends』と同じMOBAジャンルのゲームで、競技性の高さからeスポーツタイトルとしても知られている。

 グローバルでのダウンロード数が10億回を超えている本作の日本語版では、釘宮理恵や花澤香菜をCVに起用しており、ローカライズも抜かりない。

 今回公開されたStream Hatchetのデータで注目したいのは、「女性ゲームインフルエンサー」のランキングだ。グローバルランキングのトップ5内に日本の「兎田ぺこら」が入っている。

やはりか?意外か!? ゲーム配信でVTuberが活躍! グローバルVTuberトップ10に日本人7名がランクインの画像3

 

 永遠の111歳と称する兎田ぺこらは、ホロライブプロダクション所属のVTuber。2019年7月にホロライブ3期生「ホロライブファンタジー」としてデビューし、2019年12月にYouTubeチャンネル登録者数10万人を達成、2020年12月には100万人突破という日本を代表するVTuberの1人だ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed