日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 菅政権がおかしいーーついに五輪組織委警備最高責任者が爆弾証言

菅政権がおかしいーー五輪“強行”開催、ついに組織委警備最高責任者が爆弾証言

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

菅政権がおかしいーー五輪強行開催、ついに組織委警備最高責任者が爆弾証言の画像1
「週刊文春」(文藝春秋)

今週の注目記事・第1位「『五輪、無理だ』警備トップ『爆弾証言』」(『週刊文春』5/20日号)

同・第2位「少年法が生んだ『茨城一家4人殺傷』の怪物-快楽殺人者を追い詰めた捜査」(『週刊新潮』5/20日号)

同・第3位「ワクチン接種で死んだ日本人39人 遺族と医師の証言」(『週刊現代』5/22・29日号)

同・第4位「紅白8回コブクロ不倫相手が『自殺未遂』していた」(『週刊文春』5/20日号)

同・第5位「レギュラー5本の人気アナが路線バス通い愛」(『FLASH』5/25日号)

同・第6位「『悲しき五輪』<特別寄稿>沢木耕太郎」(『週刊文春』5/20日号)

同・第7位「『キミの彼氏になりたいな』有村昆がセクシー美女とラブホテルに行った夜」(『フライデー』5/28日号)

同・第8位「井上順、30歳年下恋人との『最後の恋』―肩に手を添えて優しくエスコート」(『フライデー』5/28日号)

同・第9位「ニッポンの『五輪特権階級』を撃つ!」(『週刊ポスト』5/28日号)

同・第10位「『もう70歳以上は受け入れられない』大阪医師・看護師は泣いた」(『週刊文春』5/20日号)

同・第11位「近藤真彦社長レース敗北で暴走が始まった」(『週刊文春』5/20日号)

同・第12位「小室佳代さん『入院先は宮内庁病院』情報を追う」(『週刊文春』5/20日号)「『小室圭さん』に<降嫁>で待ち受ける佳代さんとの嫁姑問題」(『週刊新潮』5/20日号)

同・第13位「『2億欲しい』ドンファン妻は慰謝料30万にキレた」(『週刊文春』5/20日号)「『紀州のドン・ファン』幼な妻が『ホスト遊び』『パパ活』の原点」(『週刊新潮』5/20日号)

同・第14位「コロナ戦線/『ファクターX』が効かない免疫逃避『インド変異株』の正体」(『週刊新潮』5/20日号)

同・第15位「立憲民主党のマドンナ議員『石垣のりこ』が『有名著述家と不貞』で泥沼裁判」(『週刊ポスト』5/28日号)

同・第16位「コロナ新規感染者数『曜日のカラクリ』7つの謎」(『週刊ポスト』5/28日号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 早速いこう。

 いつも疑問に思っていたことがある。

 毎日発表される新規感染者の数は、いったいいつの日の数字なのだろう。

 初期の頃には、2週間ぐらい前の数字だと、何かに書いてあった気がしたが、どうやらそうではないらしい。

 ポストによればこうだ。

 東京都福祉保健局の担当者がこういっている。

「検査を実施した日から都に発生届が提出されるまでには2~3日かかるケースが多い。
 たとえば“今日は600人”と発表されたとすると、そのうち『2日前』に検査を受けた人が4~5割で最も多く、『前日』と『3日前』に検査を受けた人はそれぞれ2~3割です」

 すると、前日、2日前、3日前を足した数字ってことか。何だか漠然とした話だな。

 しかも、都道府県ごとに「集計」「発表」のルールが違うというのである。

 東京では前日朝9時から当日朝9時までの24時間の発生届を取りまとめて15時に発表するが、大阪では、前日24時から当日の0時までの24時間の感染者数を17時に公表しているそうである。

 何だか騙されているような気がしないでもない。

 月曜日の新規感染の数が少ないのは、医療機関や保健所は基本的に土、日休みだからで、東京都で木曜日に感染者の数が多いのは、週明けに検査を受ける人が多いからだそうだ。

 それにしても、どのチャンネルを回しても、まず感染者数から始めるのはやめてくれないか。

 どうせなら、1週間まとめて日曜日に発表するとか、どうにかならないか。

 数字を見るだけで一喜一憂するのは、菅首相だけでいい。

 感染者数を気にしないでいい日が来るのが待ち遠しいね。

 お次はポストの不倫話。

 立憲民主党の参議院議員に石垣のりこ(46)というのがいるそうだ。

 元エフエム仙台のアナだそうで、立憲民主党のマドンナのような存在だそうだ。

 そのマドンナが、元夫から「不貞行為」で訴えられ裁判沙汰になっているという。

 ポストによれば、14年に2人は離婚しているのに、16年から再び同居していて、いわば内縁関係にあったという。

 そうしたら、18年12月頃から、物書きと不貞関係を結ぶようになって、けしからんというわけだ。

 だが、石垣のほうは、内縁関係になっていたのではなく、肉体関係もなかったと主張しているらしい。

 内縁関係になかったのだから、他の誰と寝ようが不貞ではないという主張をしているそうである。

 この物書き、以前にも海外に行っている時のゴタゴタで話題になったことがあった。

 まあ暇だったら、ポストを買って読んでみれば、実名が出ているから。

123456789

菅政権がおかしいーー五輪“強行”開催、ついに組織委警備最高責任者が爆弾証言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

村西とおるが緊急エール!

 4月7日に発令された緊急事態宣言も、すべての都道府県で解除され、数カ月に及ぶパンデ...
写真