日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 菅が“なかった”ことにする「天皇陛下の五輪憂慮発言」

菅義偉首相が“なかった”ことにする「天皇陛下の五輪憂慮発言」

経産官僚が手を染めた「詐欺事件」は拡大するのか?

 さて、経産省の現役官僚である櫻井眞(産業資金課係長・28)と新井雄太郎(産業組織課・28)が「家賃支援給付金」を騙し取ったとして逮捕された事件は、新型コロナウイルスのまん延で苦しんでいる多くの人たちを激怒させたに違いない。

 文春によれば、2人の苗字の新と櫻をとったペーパーカンパニーを2019年11月に設立していて、そこが昨年12月頃に虚偽の賃貸契約書を使って中小企業庁に家賃支援給付金を申請して550万円を詐取したといわれる。

 給付金制度を熟知したキャリア官僚が、中小企業支援のための制度を使って私腹を肥やそうとしたというのだから、万死に値する犯罪だと、私には思える。

 中でも櫻井は慶応義塾高校時代から“投資のプロ”を自任し、慶応大学時代には友人たちに「儲かる銘柄がある」と投資を勧め、揉め事が絶えなかったという。

 卒業後にみずほ銀行に就職したが、あちこちに投資話を持ち掛け、中には2000万円も損した人もいたそうである。大学時代に櫻井と知り合った人間は、「銀行内部でしかわからない情報があるから、カネを貸してほしい」と頼まれ500万円を貸したが、その後音沙汰がなく、調べてみるとみずほ銀行を辞めていたそうで、泣き寝入りしたという。

 櫻井という人間は見栄っ張りで、高いレストランに出入りし、どこぞの御曹司たちと夜な夜な飲み歩き、麻布十番のタワマンに女を引っ張り込んでいたそうである。

 だがワル知恵だけではなく地頭もよかったようだ。退職して1年間公務員試験の勉強をしてパスした後、2018年に経産省に入省しているのだ。

 経産省は、なぜみずほを辞めたのか、金銭トラブルはないのか、身上調査をしなかったのだろうか。

 その2年後に、高校で同じゴルフ部にいた新井が入省してくる。新井は三度目に東大に合格し、卒業後に東大のロースクールに進学して司法試験に合格した後、経産省へ入っていて、法律の知識が生かせるコーポレートガバナンスや会社法に関する業務を行っていた。

 詐欺師と法律のプロが組んで国のカネを奪おうというのだから、赤子の手をひねるように容易いことだったのだろう。だが、それなのになぜ上手の手から水が漏れたのか。

 警視庁は、今回のことだけではなく、別の詐欺事件にも彼らが関与していたのではないかと見て、捜査を進めているという。

 この事件、更に広がる気配を見せているが、経産省は隠し立てすることなく、身内の大恥をすべてさらけ出さなければ、国民が許さない。

12345678
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed