日刊サイゾー トップ > 社会  > 進む全面禁煙…18年から約13%増!

【厚労省発表】進む全面禁煙… 18年から約13%増!10月からたばこ増税で窮地?

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

【厚労省発表】進む全面禁煙… 18年から約13%増!10月からたばこ増税で窮地?の画像1
写真/Getty Imagesより

 厚生労働省の21年の「労働安全衛生調査」で、学校や病院などでは屋外を含め敷地内を全面禁煙としているのは、30.0%と前回調査の18年の13.7%から倍増した。

 厚労省は働く労働者の仕事や職業生活の実態を把握し、今後の労働安全衛生行政を推進するための基礎資料とすることを目的に同調査を行っており、事業所8009カ所、個人8917人から 有効回答を得た。

 回答を得た事業所の割合は、健康増進法における施設分類の種類別にみると、第一種施設(学校・病院など受動喫煙により健康を損なうおそれが高い者が主として利用する施設)は16.2%、第二種施設(第一種施設及び喫煙目的施設以外の施設)が83.8%となっている。

 事業所全体では、「屋外を含めた敷地内全体を全面禁煙」にしている事業所の割合は30.0%、「屋内は全面禁煙、屋外喫煙所を設置」は46.7%(前回調査は38.8%)、「屋内に喫煙専用室等を設置」は18.8%(同35.6%)、「屋内で自由に喫煙」はゼロ(同10.8%)となっている。

 屋内で自由に喫煙できる事業所はなくなり、屋内に喫煙専用室等を設置している事業所の割合も減少、屋内は全面禁煙とし屋外喫煙所を設置と屋外を含め敷地内を全面禁煙とした事業所が大幅に増加しており、受動喫煙に対する対策が着実に進んでいる。

 第一種施設では、「屋内に喫煙専用室等を設置」もゼロとなり、屋外に喫煙所を設置(33.6%)もしくは屋外を含めて敷地内を全面禁煙(63.1%)と屋内での喫煙を禁止している。

 第二種施設では、屋外を含めて敷地内を全面禁煙は23.6%と低く、屋内は全面禁煙とし屋外喫煙所を設置が49.2%と半数近くを占め、主流となっており、屋内に喫煙専用氏s津等を設置は22.4%と屋外を含めて敷地内を全面禁煙と同程度の割合。

【厚労省発表】進む全面禁煙… 18年から約13%増!10月からたばこ増税で窮地?の画像2

 屋外を含めて敷地内を全面禁煙としていない事業所65.5%のうち、受動喫煙を防止するための取り組みを行っているのは54.1%で、「受動喫煙を望まない者が加熱式たばこ喫煙専用室での業務や飲食を避けるよう配慮している」が27.2%、「20歳未満は喫煙可能な場所を立ち入り禁止としている」が24.6%、「受動喫煙防止対策に関する教育や相談対応の実施」23.7%が主なものとなっている。

 しかし、20歳未満は喫煙可能な場所を立ち入り禁止などは、禁煙対策や受動喫煙防止というより、法的に当たり前のことであり、これらを取り組みに含めること自体がおかしなことであろう。

 個人調査の結果では、職場で受動喫煙がある労働者の割合は20.1%と前回調査の18年28.9%から減少している。男女別では、男性が26.1%、女性が12.8%となっている。職場での受動喫煙状況は改善しているものの、それでも5人に1人が受動喫煙を受けている。

【厚労省発表】進む全面禁煙… 18年から約13%増!10月からたばこ増税で窮地?の画像3

 受動喫煙が「ほとんど毎日ある」というのは7.6%(男性10.7%、女性3.8%)と18年の9.3%より減少、受動喫煙が「ときどきある」は12.6%(男性15.3%、女性8.9%)と18年の19.6%よりも減少している。

 一方、職場での受動喫煙はないのが78.3%(男性72.7%、女性85.3%)と18年の70.1%よりも増加している。

 こうした状況を見る限り、徐々にではあるが受動喫煙を受ける環境は改善されている。それでも2割が受動喫煙を受けている点は、まだまだ改善の余地が残されていることを表わしている。

 職場で受動喫煙がある労働者のうち、「不快に感じること、体調が悪くなることがある」のは39.2%(男性35.1%、女性49.6)に上っている。18年の43.2%よりも改善しているが、受動喫煙を受けている労働者の4割近くが悪影響を受けている。

 半面、受動喫煙を受けている労働者のうち、「不快に感じること、体調が悪くなることがない」も59.8%(男性64.1%、女性48.9%)と18年の56.5%よりも増加しており、受動喫煙を許容している割合も6割近くに上っている。

 10月1日からたばこ税の増税が行われ、たばこが値上げされる。この際、禁煙することを考えてみては、いかがだろうか。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2021/08/18 07:00
関連キーワード

【厚労省発表】進む全面禁煙… 18年から約13%増!10月からたばこ増税で窮地?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

〈SHAKKAZOMBIE〉の “OSUMI”追悼座談会

 オオスミタケシ氏が逝去という突然の訃報に胸を衝かれた1月下旬。昨今は「ミスター・ジ...
写真