日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 四千頭身・後藤、口数少ない=余計なこと言わない!?

四千頭身・後藤、口数少ない=余計なこと言わない!?『モニタリング』で見せたブーム芸人から抜け出す進化の兆しとは

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

さらなる進化を見せるThe後藤ワールド

 本来ならここで終了だが、「後藤さんのサビがずれてる気がするんで、もう一度歌ってくれませんか?」というスタッフからのフリが入る。

 感が鈍い芸人なら「え?それって俺も落とす気じゃ……」と変な疑いを入れてしまいそうだが、後藤は「え? ずれてました?」と歌のほうへ自分の気持ちが行っているように演じる。

 落とし穴ですっかり忘れていたが、強烈で独特な後藤の歌を思い出し、もう一度アレが聞けるかと思うと、見てる自分も気分が高揚する。後藤は落ちるとわかっている状態でサビを歌い始め、予定通り落とし穴へ。「モニタリングです」というスタッフのボケに対して「わかってます! 僕だけは」と流行りの倒置法ツッコミを入れ「一番落ちるべき人は僕だったのかもしれないですね」というコメントで締める。

 最初から最後までThe後藤ワールドだった。

 出始めた頃から3人の中で後藤が注目されてはいたが、これほど2人との差が開いたのかと思った瞬間だった。

 もともとよく喋るイメージはない後藤だが、第7世代とちやほやされたピークと比べるとさらに口数が少なくなっている。ただ、これはマイナスではなく成長した証だ。

 彼の場合は口数が少ない=余計なことを言わない、だ。

 番組が何を望んで、どんな言葉が欲しいか理解していれば、それ以外の言葉は邪魔でしかない。つまり口数が減ると撮影は円滑に進み、編集も楽になる。大物になればなるほど、必要な言葉だけを言う。僕が若手時代に感じだことだった。

 話は逸れるが、ロケ番組を見ていて、芸人が喋っている最中に、場面転換をする時がある。それは芸人が必要のない言葉を喋っているという事だ。これが僕流のロケ番組の違った楽しみ方。ぜひ皆様もやってみてください。

 では話を戻そう。

 昔、売れる芸人はどのような過程を踏むのか分析したことがある。

 まず売れ始めると楽屋での口数が減る。これはテレビに限ったことではなく、ライブや舞台の楽屋も同様だ。理由はシンプル。常に何か頭の中で考えているからだ。

 要求されていることは何なのか、MCだったらほかの芸人は誰がいて、全員を面白くするにはどうしたらいいか、どのボケを軸にしたらいいのか? などを常に考えている。もちろん芸人同士でバカな話はするが、若手芸人の頃のように楽屋入りから出番まで話している何て事はない。楽屋の隅や、人気のないところで独り考える時間を作る。これが売れ始めた証拠と言ってもいい。

 口数が少なくなった次は、少し調子に乗り始める。分かりやすいのは変装だ。もちろん一流のタレントのようにどこでも変装するという事ではない。今まではライブ会場に行き、気づいてもらう事に喜びを感じていたはずなのだが、ある程度人気が出始めると、気づかれることに煩わしさを感じてしまう。

 もちろん応援してくれるのは嬉しいが、周囲の目が気になってしまうのだ。なので気づかれないように帽子を目深にかぶったり、サングラスやマスクをしたりする。

 口数が減り、変装すると段々と調子に乗ってくる。

123

四千頭身・後藤、口数少ない=余計なこと言わない!?『モニタリング』で見せたブーム芸人から抜け出す進化の兆しとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

『イカゲーム』密輸で銃殺の衝撃!

 NetFlixで配信され大ヒット中の韓国ド...…
写真
インタビュー

動物の交尾やマリファナをモチーフのスノードーム

 こぶし程度の小さなガラスのドームの中に、雪を舞わせて幻想的な世界を作り出す――。年...
写真