日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 『オモウマい店』グルメ番組の先にある涙

『オモウマい店』、グルメ番組の先にある人間ドラマ! 元芸人が見たグルメ番組の裏側とは

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

『オモウマい店』、グルメ番組の先にある人間ドラマ! 元芸人が見たグルメ番組の裏側とはの画像1
中京テレビ『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』公式サイトより

 前々回、雨上がり決死隊の解散について書いたところ「いつまでも、テレビなんてカビの生えたメディアにしがみついているのが可笑しいとおもうがなぁ…もう、テレビが主役の時代はとっくに終わってんだよ…」というコメントをした読者がいた。

 宮迫さんの『いつかテレビに戻りたい』という目標の、どこか古臭くて、サブスク時代に合わないという違和感を感じてしまったのだろう。

 すでに知名度もあり、YouTubeで成功して生活も困っていない。オワコン呼ばわりされるテレビを再び目指す必要があるのか? そう感じる方もいるだろう。しかし僕はそう思わない。

 確かに僕も少し前まで、ドッキリ、クイズ、トーク番組、チャンエルや出演しているタレントは違えど、似たり寄ったりのコンテンツを放送しているテレビよりも、地上波より緩いコンプラの中で量産されるYoutube動画が、刺激的で面白いと感じるようになっていた。

 余談だが、僕はご飯を食べる時に映画やドラマを観ることができない。ある程度集中しないと内容が頭に入ってこないし、字幕の映画に関しては気づいたら箸が止まってしまい、食事がままならないなんてこともある。ホラーやサスペンスは食欲が無くなり、恋愛ものは見ていて照れ臭い。アクションはハラハラドキドキしてしまう始末。かろうじて観られるとしたら『ホームアローン』のようなちょっとくらい見逃しても差し支えのないものになってしまう。

 ただ家族が欲しくなる、というデメリットはあるが。

 そんな僕の映画鑑賞事情はさておき、テレビでも映画でもなければYouTubeの出番だ。

 チャンネル登録をしているYouTuberの投稿を、ゆる~い感じで流し見る。ご飯のお供にはもってこいだ。

 新しくチャンネル登録をすると、過去にあげた動画に遡って楽しめる。サムネイルから惹かれる動画だけをピックアップし、つまらなかったら早送りや違う動画に移動してしまえばいい。そうやって一通り見終わると新しく動画が投稿されるのを待つ。待っている間に面白いYoutuberがいないか探したり、関連動画に出てくる動画を観て時間を埋める。

 人の好みは広いようで狭い。気が付くと似たようなYoutuberばかりを登録している。そしてYoutube達にも流行りがあるようで、せっかく沢山の新着動画があがっていても大半が同じゲームや企画をしていて似たり寄ったりになってしまい、期待外れな日もあったりする。

 この現象はどこかで見たことがある……そう、それはテレビだ。

 前述した似たり寄ったり問題がYoutubeでも起こっているのだ。

123

『オモウマい店』、グルメ番組の先にある人間ドラマ! 元芸人が見たグルメ番組の裏側とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

水川あさみと窪田正孝夫妻への懸念

 10月期の月9ドラマ『ラジエーションハウス...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真