日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 東京、これから買える街  > 再開発完了の二子玉川、これからどうなる?
不動産価格の高騰、ついに潮目がきた!不幸にならない再開発の街購入(二子玉川編)

二子玉川ライズがオープンし、大規模な再開発が完了! 二子玉川駅周辺はどうなる?

文=相樂 喜一郎(さがら・きいちろう)

2.二子玉川の治安は良いイメージがあるが実際は?

二子玉川ライズがオープンし、大規模な再開発が完了! 二子玉川駅周辺はどうなる?の画像6
※参考:玉川警察署

 

 ゆとりあるファミリー層に人気の二子玉川駅周辺の治安は良い印象です。実際に治安は良いのか、二子玉川駅を管轄としている玉川警察署が発表した『過去5年間の刑法犯の推移』のデータを確認します。

 過去5年間で発生した犯罪件数は減少傾向でした。2017年に比べると20年は半数に迫る勢いで刑法犯数が減少しています。周辺はファミリー層の多い落ち着いた住宅街なので、比較的安心して暮らせるエリアだと個人的に思います。

3.再開発完了から10周年を迎え新たな街づくりへ

 2021年秋には「二子玉川ライズ」内に新施設がオープンし、この民間複合再開発は都内最大級の規模となりました。

 駅から二子玉川公園へと続く街のなかに商業施設、オフィス、そして住宅街区等を美しく配置し、水と緑、光にあふれた街づくりを掲げ、都会にいながらも移りゆく自然を感じながら暮らすことが可能です。

 さらに、21年で竣工第一期から10周年 を迎える「二子玉川ライズ」は、次の10年に向け、新しい「コミュニティ・プラットフォーム」として支持され続ける施設づくりを目指していくと発表しています。

 21年秋には「遊ぶ!学ぶ!楽しむ!新施設」がオープン予定です。これまでにはなかった新しいタイプの屋内施設が誕生します。さらに、発信力があり希少性の高いブランドを誘致するなどの計画もあるようです。今後の変化も楽しみな街です。

 新たな開発が行われていなかったので、しばらくはライズを中心にテナント誘致をしつつ、施設内の回遊性を上げる作戦なのかもしれません。

123456

二子玉川ライズがオープンし、大規模な再開発が完了! 二子玉川駅周辺はどうなる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真