日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『ねほぱほ』「自由とは永遠の警戒心を持つこと」

『ねほりんぱほりん』香港のデモに参加した人「自由とは永遠の警戒心を持つこと」日本も対岸の火事じゃない

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

小林多喜二の遺体写真が訴えるもの

 最近、香港のデモに関するニュースを見なくなった気がする。沈静化したのだろうか?

「今、香港ではデモを起こすリスクがめちゃめちゃ高くて、デモがなかなかできない状態が続いています。実際、政府にとって都合の悪い人たちが次々に逮捕されているんです」(アンディさん)

 デモだけじゃなく、香港に関する報道そのものをあまり見なくなった。情報が国外に出ないまま、状況だけどんどん悪化していたのだ。

 ここで、番組は日本の言論弾圧の歴史を紹介した。大正時代の終わり、国は治安維持を口実に、政府に都合の悪い考えや運動を取り締まる「治安維持法」を制定した。結果、少なくとも10万人以上が検挙されたという。拷問など厳しい取り締まりで命を落とした人も大勢いた。

 このタイミングで、拷問で亡くなった作家・小林多喜二の遺体写真を放送したのには驚いた。浮腫み、黒く腫れ上がった小林の太もも。ショッキング極まりない姿だ。香港のデモ報道がなくなった理由は、デモとニュースを潰していたから。かつての日本も、小林のような存在を消すことで情報を統制していた。だから、日本も他人事じゃない。歴史は繰り返す。特に印象に残ったのは「マスコミも操られ、政府の言うことを垂れ流すだけ」というナレーションだった。過去も今もありえる話だ。いや、むしろNHKに少なからずそのイメージがあった。NHK局員が抱える胸のつかえが、本音として表出したのか?

1234

『ねほりんぱほりん』香港のデモに参加した人「自由とは永遠の警戒心を持つこと」日本も対岸の火事じゃないのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

ラバーガールに疑問を直撃!

生みの苦しみ、腰の重さ、それでも単独をやる理由 ――8月26日から28日にかけて、2...
写真