日刊サイゾー トップ > エンタメ > インタビュー  > 『呪怨:呪いの家』が本当にいわくつきになったわけ
元Alexandros庄村聡泰が怪人映画プロデューサー叶井俊太郎に聞く『おすすめ配信ホラー』

『呪怨:呪いの家』が本当にいわくつきなワケ… VODでホラー映画が百花繚乱

文=武松佑季(たけまつ・ゆうき)

『新感染』と人肉シリーズの意外な共通点

『呪怨:呪いの家』が本当のいわくつき映画に! VODでホラー映画が百花繚乱の画像3
写真/二瓶彩

叶井 とはいっても、配信はプラットフォームも作品もいっぱいあって、選ぶのが大変ですよね。

庄村 ホラー映画専門と謳うOSOREZONE(オソレゾーン)も“ほんこわ系”(「本当にあった怖い話」)とかの実録系、半ドキュメンタリータッチのものがメインです。

叶井 海外ドラマは見ます?『ウォーキング・デッド』とか。

庄村 これまた非常に申し訳ないんですが、そこに手を伸ばせてないんです。シリーズものって『ソウ』や『ファイナル・デッドコースター』みたいに尻すぼみで終わるんじゃないかっていう怖さがあって。

叶井 う~ん、ほかのはどうなのかよくわからないけど、『ウォーキング・デッド』はどんどん面白くなってますよ。いろんな配信サービスで見られるし。ちょうどシーズン11がやってるから、1から追っかけるのがオススメ。

庄村 がんばって追いつきます。ほかに最近のホラー作品で気になるものはありますか?

叶井 『ズーム/見えない参加者』(21年)なんていいんじゃないですか? ZOOMを使ったホラーで、今っぽさを引用してるところとか。『search/サーチ』(18年)がFacebookを舞台にしてるみたいな感じ。

庄村 そういう流れは昔からありますね。

叶井 それから昔の映画のリメイクも流行ってますね。今年リメイクされた『キャンディマン』も傑作でした。それと『ハロウィン』シリーズのリメイク2作目の『ハロウィン KILLS』。

――リメイク作品だと、最近勢いのある韓国から『ヨコクソン/女哭声』(21)という映画もありますね。オリジナル作品は86年の作品だそうです。

庄村 これは見たことないけど、面白いわけがない(笑)。

叶井 僕は『哭声/コクソン』(17年)は大好きで世間的にもそこそこウケてたから、便乗してるのかな?『新感染半島 ファイナル・ステージ』(20年)も、一応『新感染 ファイナル・エクスプレス』(17年)の続編だけど、内容的には全然関係ないんですけどね。

庄村 売れたコンテンツに便乗するのは人肉シリーズ時代と変わってない(笑)。

『呪怨』シリーズ、清水監督とプロデューサーの確執の原因とは⁉

『呪怨:呪いの家』が本当のいわくつき映画に! VODでホラー映画が百花繚乱の画像4
写真/二瓶彩

庄村 配信オリジナルホラーで面白かったものはありますか?

叶井 やっぱりNetflixの『呪怨:呪いの家』はよかったですよ。同シリーズ初のドラマ作品なんだけど、これまでの映画の作り方とは違う。80~90年代に実際に起こった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」や「神戸連続児童殺傷事件」などを背景に入れつつ、呪怨のドラマに持っていってるから、そこが新しかったですね。

庄村 『呪怨』はもともとビデオスルーでしたよね。それなのに、ビデオスルーも映画も配信オリジナルも全部面白いすごいコンテンツ。一度も作品として評判が落ちたことのないホラーって聞いたことがないですよ。

叶井 “ザ・ジャパニーズホラー”って感じですよね。世界でもかなりウケたし。でも今回は清水崇監督じゃないんですよ。

庄村 どうしてですか?

叶井 呪怨の清水監督と当時のプロデューサーがお金で揉めたと聞いてます……。確か裁判沙汰になって泥沼化したような……。多分まだ決着ついてないと思いますね……。

庄村 やばい話ですね……。めちゃくちゃいわくつきじゃないですか⁉

叶井 その意味でも、ホラー映画ファンは注目すべき作品ですね。

――不穏当な話に転がったところでひとまず、今回はここまででお願いします。次回からは実際におふたりに共通の作品を見ていただきつつ、対談をしてもらいますね。

武松佑季(たけまつ・ゆうき)

武松佑季(たけまつ・ゆうき)

1985年、神奈川県秦野市生まれ。雑誌ライター、編集者。東京ヤクルトファン。

最終更新:2021/11/15 21:00
12

『呪怨:呪いの家』が本当にいわくつきなワケ… VODでホラー映画が百花繚乱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

ギャスパー・ノエ監督が衝撃作誕生について語る

 映画史上もっとも悲惨かつ衝撃的な作品として、公開当時に大変な話題を呼んだのがフラン...
写真