日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 映画『JOINT』レビュー
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.663

ネット時代の“仁義なき戦い”を描いた野心作! 名簿ビジネスをめぐる和製ノワール『JOINT』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

アウトサイダー目線で描かれた現代の日本

ネット時代の“仁義なき戦い”を描いた野心作! 名簿ビジネスをめぐる和製ノワール『JOINT』の画像2
石神(山本一賢)は暴力団相手に「名簿ビジネス」を広げ、資金を稼ぐ

 深作欣二監督の実録ヤクザ映画『仁義なき戦い』(73)には、焼け野原状態だった戦後の日本社会で図太く生きるヤクザたちの姿が描かれた。法律や古いモラルに囚われない男たちの息遣いが生々しい群像劇だった。今の日本も、バブル崩壊後はずっと瓦礫の荒野のような状況が続いている。格差社会で虐げられてきた若者たちは、グレーゾーンの汚れ仕事に手を出さなくては食べていけない。石神はネット社会の隙間を突いて、活路を切り拓こうとする。本作のことを、ネット時代の『仁義なき戦い』と呼びたい。

 名簿ビジネスで稼いだお金を元手に、石神はコンサルタントを名乗り、小さなベンチャー企業を買収する。ベンチャー企業の社員エンジニアたちは優秀だったが、資金調達能力に欠けていた。身なりを整えた石神は、大手IT系ベンチャーキャピタルへ出資を申し込むプレゼン会議に同席する。

 ソフト関係には疎い石神だが、裏社会で修羅場をくぐってきた経験を活かし、ベンチャーキャピタルの重役にぐいぐいと迫る。弱小ベンチャー企業を見下していたベンチャーキャピタル側も、石神の熱の入ったプレゼンには耳を傾けることに。半グレ男・石神が大手企業を相手に勝負をかけるこのシーンは、中盤の大きな見どころとなっている。

 本作を撮った小島監督は1994年生まれ。3歳から13歳までNYで過ごし、帰国後は東京大学の建築学科を卒業したというユニークな経歴の持ち主だ。従来のヤクザ映画にありがちなウェットさを排した演出が印象に残る。

小島監督「米国で幼少期を過ごしたこともあり、日本社会や東京という街に対して、自分にはどこかアウトサイダー的な目線があるように思います。そんな自分なりの目線を活かし、今までの日本映画にはないような犯罪映画を作りたかった。マーティン・スコセッシ監督やマイケル・マン監督の犯罪映画が好きでよく観ていましたが、ヤクザ、半グレ、移民を扱ったドキュメンタリーもかなり観ています。裏社会に関することは、リサーチできる限りのことは調べ上げたつもりです」

123

ネット時代の“仁義なき戦い”を描いた野心作! 名簿ビジネスをめぐる和製ノワール『JOINT』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

失われた11年にけりを付けるYOU THE ROCK★

 1990年前後、まだ日本にヒップホップが根付く以前から、その最前線で活動していたラ...
写真