日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 萩生田氏は「人間として薄情すぎる」

旧統一教会関係者「人間として薄情すぎる…」萩生田政調会長のズブズブっぷり

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

落合監督の「清原獲り」発言はウソか誠か?

 ところで、鈴木忠平の『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』(文藝春秋)が出てから、落合人気が出て、あちこっちで引っ張りだこのようだ。

 私も読んだ。面白いことは認める。だが、あまりにも落合を美化しすぎていて、ノンフィクションとしての出来は、私はよくないと思っている。

 それはさておき、落合のメディアでの発言が物議をかもしていると新潮が報じている。

 それは、落合がやっているYouTubeチャンネルで、巨人から退団する裏話として、巨人はあの時清原和博を獲る気はなかったが、オレが長嶋さんに話して、清原を獲れ、その代わりオレに1年清原を預けろ、バッティング改造をしてやると話したと、ぶちまけたのである。

 反響はあったようだが、当時の長嶋監督の参謀だった河田弘道が、それは違うと新潮で異を唱えたのである。

 河田がいうには、巨人が清原を獲得しようと検討し始めたのは、清原がFAで移籍する1年も前だった。1995年8月に、長嶋から呼び出され、読売新聞の渡邊恒雄社長から、「清原が必要なら獲るよ」といわれたと興奮して話したというのだ。

 だから、落合が長嶋に「清原獲り」を進言したというのは「存じ上げません」といっている。

 そのほかにも落合の発言の「嘘」を指摘しているが割愛。

 私は当時、大の巨人ファンだったから、落合の衰えは見ていた。巨人が放出しても獲る球団があるのか心配したぐらいだった。

 だが清原も、衰えが目に見えてきて、巨人に入っても活躍はできないだろうと思っていた。私が編集長をやっていた週刊現代の編集後記「音羽の杜から」で、「豚は空を飛べない」と書いた。

 案の定、清原は巨人で大した成績を残せなかった。

 巨人というのは、他の球団で活躍したが落ち目になったスター選手を引き抜いて、クリーンナップを打たせたが成功したことはほとんどない。

 私は、そのカネを貯めて、大リーグの現役20勝投手に1年契約で20億、30億払って呼んでくれば、注目されるし、日本の野球のレベルも上がると考えていた。

 しかし、読売新聞の上層部、特に渡邊社長などは、そいう視野の広いものの見方ができなかった。

 現在、最下位を争っているのも、原などという監督を使い続けているからだ。もはや「くたばれ巨人軍」という気力も愛情も巨人には持てない。

 高校野球は仙台育英が優勝して、東北に初めて優勝旗が行くことになった。決勝戦は一方的な試合になることが多いが、この試合も下関国際を8対1で破った。

 投手力も互角、打撃も互角。序盤はどちらが勝つか分からない展開だったが、中盤に均衡が破れ、レフトの打球が伸びる中、左翼席に満塁ホームランを打って試合が決まった。

 最近、高校野球を見ることはなくなったが、仙台育英を応援しようと久しぶりに決勝戦を見た。

 私も高校1年の一時期だけだが、硬球を追いかけてグラウンドを駆け回り、素振り100回、ベース10周うさぎ跳びなど、野球部で甲子園を目指したことがあった。

 もちろん夢はかなわなかったが、今でも高校球児を見ると、あの頃の夏が甦る。練習中は水を飲むな。今だったら考えられないが、その分、終わってグラウンドの隅にある手洗いの水道から流れる水を腹いっぱい飲んだ、そのうまさは忘れない。

 負けた下関国際の選手たちは涙が止まらない。「勝ったやつには何もやるな」という言葉が浮かぶ。悔しさをバネにしてまた頑張ればいい。そんな安っぽい言葉はいらない。今悔しがり、泣くことが青春なのだ。思う存分泣くがいい。泣くために甲子園はあるのだから。

 夏の真っ盛りに、何も甲子園でやらなくてもとは思うが、甲子園でなくては流せない涙があるのも事実だ。秋では味わえない興奮がある。

 甲子園が終わり、今年の夏も終わる。青春が遠ざかっていく。

123456789

旧統一教会関係者「人間として薄情すぎる…」萩生田政調会長のズブズブっぷりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真