日刊サイゾー トップ > 芸能  > 舞台の関係者席におけるマナー問題が物議

舞台『鬼滅の刃』で“関係者”のマナー違反に俳優が怒り「絶対許さない」クレーム相次ぐ

文=佐藤勇馬

『舞台「鬼滅の刃」其ノ参 無限夢列車 公式サイト』より

 舞台の観劇マナーをめぐって著名人や一般客からSNSで苦言が呈される事態が相次ぎ、ネット上で物議を醸している。

 ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズなどに出演している2.5次元俳優の田村心は12日、自身のブログで『舞台「鬼滅の刃」其ノ参 無限夢列車』を観賞したことを報告。「本当に本当に素敵な作品」「2.5次元の面白さが全て詰まっていました」などと絶賛した一方、観劇中にマナー違反に出くわしたと明かした。

 田村は「こんな事普段やらないしやりたくもないんですけど最後に一言だけ愚痴を言わせてください」と切り出し、「上演中に自分の斜め右後ろで体感10分に1回くらいのペースで4~5回アラームを鳴らし続けた恐らく関係者なにぃ?」「おかげで多分後半50分くらい、また鳴ったよ…また鳴るぞ…ほら鳴ったよ…もうやめてくれ…というすごいストレスを感じながら僕は観劇していました」と告白した。

 続けて、田村は「ずっと楽しみにしていた分 作品が良すぎた分 悔しくて、許せなくて耳の周りが熱くなるほどの憤りを感じました。だって1回目鳴らしてしまった時点で電源切ればよくないですか…?」「恐らく関係者だから何気なく観にきたのかもしれないけれど 何ヶ月も前からチケットを取ってワクワクして劇場に来て役者さんたちのお芝居を観て心動かされているのに なんでルールを守らない1人の人間にそれを邪魔されなきゃいけないんだ!」と怒りをあらわに。

 さらに「泣けてくる。役者さんだってスタッフさんだって時には命削って本気でやってんだ…お客さんだってそのたった1日を数年に感じるほど待ち望んで楽しみに劇場に来ているんだ」と制作側と観客側の両方の立場から指摘し、「みんなでそんな素敵な空間を守りましょう。ルールを守って楽しく観劇しましょう」と呼びかけた。

 これをきっかけとして、SNSでは「あのアラームって関係者だったん?何回も鳴ってマジふざけんなと思った」「大好きな台詞のシーンだったんですよ……あのアラーム鳴らした人間を私は絶対許さない」「まさかアラーム音の出所が関係者席とは思いませんでした、悲しいです」などと、同じ舞台を観劇していた複数の一般客からもクレームが相次いでいる。


12

舞台『鬼滅の刃』で“関係者”のマナー違反に俳優が怒り「絶対許さない」クレーム相次ぐのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

キャプテン渡辺が目を覚ます!

 空気階段の鈴木もぐら、岡野陽一、ザ・マミィ...…
写真