日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズ事務所、アクスタ再販で波紋

ジャニーズ事務所、限定販売「アクスタ」の再販で波紋「景品表示法違反では」との声も

文=佐藤勇馬

『Johnny’s アクスタ Fest』より

 ジャニーズ公式のアクリルスタンド(通称アクスタ)を販売するオンライン限定ストア「Johnny’s アクスタ Fest」をめぐり、炎上騒動が起きている。当初は「数量限定」で販売するはずだったが、完売後に完全受注生産で再販売されることが決定し、ファンから「景品表示法に違反するのでは」と指摘される騒ぎに発展しているのだ。

 アクスタとは、アクリル素材のスタンドにタレントの写真をプリントした人気グッズ。10日にオープンした「Johnny’s アクスタ Fest」では、東山紀之や木村拓哉らベテランから関ジャニ∞、KAT-TUN、NEWSら中堅グループ、King & Prince、Snow Man、SixTONESといった若手までオールスターの新作アクスタが用意され、事前に「数量限定で販売」と告知されたことで激しい争奪戦となった。

 さらに、人気商品の転売で稼ぐ「転売ヤー」たちが参戦したことで目当てのアクスタを購入できないファンが続出。「ずっとサーバーエラーでサイトにつながらない」「会員登録すらできない」といった人も多く、そうしている間に商品は完売となり、直後にオークションサイトで「転売ヤー」による高額出品が相次ぐという惨状になってしまった。

 こうした事態を受けて、ジャニーズ事務所は13日にファンクラブ会員向けの「メール伝言板」で「多くの方がご購入いただけなかったことを受けまして、ファンクラブ会員限定の再販売を行う運びとなりました」と発表した。

 再販売は「完全受注生産」で商品の到着は2023年春以降になるとし、詳細は「10月下旬にご案内させていただきます」としている。

 推しのアクスタが売り切れになって落胆していたファンにとっては朗報だが、当初の「数量限定」から「受注生産で再販売」というブレブレ対応になったことが波紋を呼んだ。

 再販売の知らせを受けて、ネット上のファンからは「アクスタ買えるようになってうれしい」といった反応があったが、その一方で「数量限定で売ったものを再販していいの?」と疑問視する人が続出。「景品表示法に違反するのでは」「それって有利誤認表示になるんじゃ」といった指摘も相次いでいる。

 また、相場の下落を恐れた「転売ヤー」たちが再販を阻止するために当局に大量通報するのではないかという憶測も流れているようだ。

12

ジャニーズ事務所、限定販売「アクスタ」の再販で波紋「景品表示法違反では」との声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

失踪者と残された家族の物語『千夜、一夜』

 年間およそ8万人。日本国内における行方不明...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真