日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 菅前首相の弔辞、コピペ疑惑発生

菅義偉前首相の感動の弔辞、玉川徹氏の失言騒動やコピペ疑惑発生で国葬めぐる混乱の集大成に

文=佐藤勇馬

菅義偉前首相の感動の弔辞、玉川徹氏の失言騒動やコピペ疑惑発生で国葬めぐる混乱の集大成にの画像1
『菅義偉公式ウェブサイト』より

 9月27日に執り行われた安倍晋三元首相の国葬。最も話題と共感を集めたのは、友人代表として菅義偉前首相が読み上げた弔辞だった。世間の菅氏に対する評価が一変するほどの感動を呼んだが、これに関連してテレビ朝日社員でコメンテーターの玉川徹氏の失言騒動が勃発し、その一方で弔辞に「コピペ疑惑」が浮上するなど炎上が同時発生している。

 菅氏の弔辞は、随所に安倍元首相への思いがほとばしっていた。菅氏は安倍元首相が2度目の総裁選出馬を迷っていた時のことを振り返り、「2人で銀座の焼き鳥屋に行き、私は一生懸命あなたを口説きました。それが使命だと思ったからです。3時間後には、ようやく首を縦に振ってくれた」というエピソードを告白。菅氏は「生涯最大の達成としていつまでも誇らしく思う」と話し、時折声を詰まらせながら安倍元首相に語りかける姿は「まるで恋文」と評された。

 クライマックスとなったのは、死後もそのままになっていた議員会館の安倍元首相の机で見つけたという読みかけの岡義武著『山県有朋』の中に記されていた歌。「ここまで読んだ」と端が折られたページのマーカーペンで線を引いた箇所に山県有朋が亡くなった盟友の伊藤博文をしのんで詠んだ短歌があり、菅氏は「いまこの歌くらい、私自身の思いをよく詠んだ一首はありません」とした上で、「かたりあひて 尽しゝ人は 先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ」と山県の歌を引用した。

 これが世間で「菅さんの弔辞で涙があふれた」「こんなに感動したことはない」などと絶賛された。国葬では岸田文雄総理も弔辞を読んだが、ネット上では「岸田さんが何を言ったかまったく記憶に残ってない」などと揶揄され、悲惨なほどの格差となった。

 この翌日、朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演した玉川氏は、菅氏の弔辞について「これこそが国葬の政治的意図」とコメント。「僕は演出側の人間としてテレビのディレクターをやってきましたから、それはそういうふうに作りますよ」として、メディア側の立場から菅氏の弔辞は「巧みに政治的意図がにおわないように作られたもの」であると指摘。さらに「当然、これ電通が入っていますからね」と、電通が弔辞の作成をはじめとした国葬の演出に関与していると断言した。

 ところが、玉川氏は次の日の放送で「電通はまったく関わっていないということがわかりました」 と全面謝罪し、発言を撤回。これに「感動に水を差した」「普通ならBPO案件」「NHKだったら絶対に降板させられてる」といった批判が殺到した。また、玉川氏の発言は「メディア側は政治的意図をにおわせないような番組演出で世論を誘導している」と読み取られかねないもので、それも問題視されているようだ。テレビ朝日も事態を重く見たようで、玉川氏に4日付で謹慎処分(出勤停止10日間)が下された。

 玉川氏の大失態によって菅氏の評価がさらに上がったとみられたが、弔辞の感動を帳消しにしかねない「疑惑」が浮上した。

12

菅義偉前首相の感動の弔辞、玉川徹氏の失言騒動やコピペ疑惑発生で国葬めぐる混乱の集大成にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真