日刊サイゾー トップ > エンタメ  > のん、テレビ本格復帰へ大きく前進

のん、テレビ本格復帰へ大きく前進…旧ジャニーズ新会社・福田淳社長に業界注目で「忖度文化」に変革

俳優・アーティスト のん公式サイト

 旧ジャニーズ事務所からマネジメント業務などを引き継ぐエージェント会社「STARTO ENTERTAINMENT」の社長に福田淳氏が就任し、各メディアで積極的にインタビューに応じるなど早くも存在感を示している。業界内での影響力も大きくなっていくとみられ、その影響で俳優・アーティストの「のん」のテレビ本格復帰が急速に前進しそうだ。

 ジャニーズ性加害問題をめぐり、旧ジャニーズ所属タレントのCM起用を打ち切ったり契約更新を見送ったりするスポンサー企業が相次ぎ、大みそかに放送されるNHK『紅白歌合戦』で旧ジャニーズ勢の出場がゼロになるなどテレビ番組のキャスティングにも大きな影響があった。しかし、新会社に移行すればこうした状況は改善されるとみられ、そのためにも福田氏は積極的にメディアに顔を出して「新組織に生まれ変わった」とアピールし、さらにテレビ局や主要スポンサーに出向いて状況説明するなど、来春の本格始動に向けて走り回っているようだ。

 福田氏といえば、のんがエージェント契約しているコンサルティング会社「スピーディ」の社長でもある。のんは2013年のNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン役(当時は能年玲奈)で大ブレイクしたが、2015年に当時所属していたバーニング系列の大手事務所「レプロエンタテインメント」との間で独立トラブルが発生。独立はできたものの、本名である「能年玲奈」名義で活動できなくなって改名を余儀なくされ、地上波のテレビ番組からも消えてしまった。

 そんな彼女の窮地を救ったのが福田氏で、圧力や忖度の及ばない映画やCM、地方自治体の仕事などをブッキングし、テレビに頼らない活躍の場を用意した。そうした鮮やかな手腕が評価され、「STARTO ENTERTAINMENT」の社長就任のオファーにつながったという経緯がある。

 福田氏は新会社において、旧ジャニーズの大きな問題点だった「圧力」「忖度」「独立したタレントを干す」といった文化をなくすことを強調している。これがそうした芸能界の悪習の影響を受けていたとみられる、のんの今後にも大きく影響しそうだ。

 過去に、福田氏は朝日新聞のインタビューで「この3年で約30件、テレビ局から(のんに)ドラマや情報番組のオファーがあった。でも、こちらが企画に納得して、いざ出演契約を結ぶことになると、テレビ局から必ず『なかったことにしてください』と電話が入るのです」と圧力の存在を示唆。さらに福田氏は、のんが2017年にLINEモバイルのCMに起用されることになった際に「『起用をやめろ』という脅しの電話も各方面にあった」と明言している。

 今後、新会社の本格始動に向けて福田氏の一挙手一投足に注目が集まるはずで、そんな中でエージェント契約しているのんが相変わらず「地上波から締め出されたまま」となれば、テレビ局は忖度を疑われかねない。そのため、テレビ各局が「忖度なし」アピールのためにも、のんをドラマなどに起用するのではと業界内で推測されているのだ。

 すでに追い風が吹いており、8月25日にNHKの関西地区で放送された『かんさい熱視線~のん、30歳。それでも私は“荒野”をゆく~』が今月14日にNHK総合で全国放送された。のんがインタビューで「心折れたり、やめようと思ったことはなかったんですか?」と問われ、「やめようと思ったことはないです。たぶん人よりかなり強いほうだと思うんですね。だから、屈強に立ち上がってきたって実感がすごくあります」と返答する場面などが全国に流れ、ネットなどで反響を呼んでいる。

 のんは独立後もたびたびNHKの情報番組などに出演しており、その縁からドラマ出演するならNHK優先となるのではとみられているが、その流れが民放にも波及していく可能性は十分にありそうな気配。2024年は、のんの活動を長らく制限していた「圧力と忖度の壁」がついに崩れるかもしれない。

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2023/12/15 18:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真