コミックの記事一覧 (125件)

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

『孤独のグルメ』の原作コンビが描く、究極散歩マンガ『散歩もの』

この世で最も奥が深く、老若男女が楽しめるアウトドアスポーツといえば、ズバリ「散歩」ではないでしょうか。健康診断で肉体年齢が60代と診断された、筋金入りのインドア派を自称する僕でも...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

金、女、野望、復讐……柳沢きみお『青き炎』と『DINO』に学ぶ、アウトローな生き方

女性にとって、結婚したい男と付き合いたい男は違う。金持ちで優しい男が結婚相手としては理想だけど、付き合うんならどこか翳があって、ちょっと危険でワルな感じのする男がいい、というのが...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

元祖“Lサイズ女子”の圧倒的包容力! 名作ラブコメ『Theかぼちゃワイン』の魅力

大地の母、母なる海、人間空母……これらの言葉に代表されるように、古来より人は女性に対して雄大さとか母性とか包容力みたいなものを求めてきました(人間空母は関係ありませんけど)。 ...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

究極のチャラ男マンガ『Bバージン』は、なぜ非モテのバイブルだったのか?

ジュリアナ東京、ワンレン、ボディコン、ヤンエグ、アッシー君、オヤジギャル等々……今はすでに死語になってしまったバブル時代を象徴するキーワードの数々、今の日本では想像できないほどに...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガ界を震撼させた伝説のゴーストライター 『コミックマスターJ』とは?

みなさん、すでに忘れつつあるかもしれませんが、2014年はメディアを中心に世間の話題をさらった「偽ベートーベン問題」というのがありました。まさしく世間が「聞いてないよ!」と突っ込...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

理解できたらヤバい!? 『東京都北区赤羽』清野とおるが描く、狂気の創作『ガードレールと少女』

みなさんは『東京都北区赤羽』(Bbmfマガジン)、そしてその続編『ウヒョッ!東京都北区赤羽』(双葉社)という作品をご存じでしょうか? 僕はこの一連の作品を読んだ時、「赤羽! そう...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

こんな刑事はイヤだ!! 恐るべき方法で事件を解決する「特殊スキル刑事マンガ」特集

『めしばな刑事タチバナ』というマンガをご存じでしょうか? 立ち食いそば・マイナー牛丼チェーン・カップ焼きそば・ポテトチップス等のB級グルメに異常なこだわりとウンチクを持つタチバナ...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

矢沢永吉『成りあがり』のマンガ版が、原作以上にロックしすぎて“ルイジアンナ”な件

みなさんは、永ちゃんこと矢沢永吉の自伝『成りあがり』(角川書店)を読んだことはありますでしょうか? 永ちゃんの少年時代や青年時代の超貧乏な苦労話に始まり、伝説のバンド「キャロル」...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

オトナ男子に読んでほしい、禁断の“変態少女マンガ” 岡田あーみん3部作のススメ

岡田あーみんという少女漫画家をご存じでしょうか? 現在30代の女性であれば知っている人は多いかもしれませんが、サイゾーの中心読者層である男性陣は意外と知らないかもしれませんね。 ...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

イザという時のために覚えておきたい、お役立ち「仕置人マンガ」5作

日刊サイゾーの読者層って、どんな人が多いのでしょうか? やっぱりサラリーマンが多いんでしょうか。それならば、話は早いです。人生の酸いも甘いも知っているサラリーマンなら誰しも、「コ...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

飯島愛が歴史を超えて大活躍! 幻のお色気ファンタジーマンガ『タイムトラベラー愛』

2008年に亡くなられた飯島愛さん。ご存じの通り、AV出身のタレントとして最も成功した一人です。現在もブログにファンのコメントが投稿され続けるなど、そのカリスマ性は色あせません。...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

黄泉の世界から蘇ったバブル広告マンが不況の日本をアツくする『ジェット上司』

消費税法改正による値上げ、円安による値上げ、牛丼が300円から380円に値上げ……値上げ値上げのアゲノミクスなニュースを聞くたびに、日本国民の悲痛な叫びが聞こえてきます。  し...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

このいじめがスゴい! 『聲の形』だけじゃない、壮絶「いじめマンガ」の世界

毎年、年末に宝島社から発売されるムック本「このマンガがすごい!」。ここで1位にランキングされるマンガは事実上、マンガ読みたちにその年最も面白いと評価されているマンガだといえます。...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

「そんな偶然あるわけねーだろ!」突っ込まずにはいられない、伝説の超ご都合主義ラブコメ『くおん…』

「週刊少年ジャンプ」(集英社)の黄金期といえば諸説ありますが、一般的には1984年に発行部数が400万部を突破してから94年ごろまでといわれています。当時のヒット作の多くは、いわ...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

「もうエッチされてもいい!」危険ドラッグよりヤバい、“ドラッグルメ”なマンガ

今年はたびたび脱法ドラックに関するニュースが世間を騒がせました。いろいろと物議を醸した「危険ドラッグ」という言葉もすっかり定着しましたね。また、中国ではアヘンの原料となるケシの実...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

反日マンガの仮面をかぶった壮大な釣り!? 日本で唯一のテコンドーマンガ『テコンダー朴』

格闘技をテーマとしたマンガの題材といえば、すぐに思いつくのは空手、拳法、ボクシング、プロレス、総合格闘技といったところでしょうか。日本の国技、相撲のマンガもあるといえばありますが...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

ガチで硬派なロリコンマンガ『あんどろトリオ』に見る、昭和のポジティブ変態

マンガの世界では、「ロリコン」という言葉はほとんど見かけなくなりました。しかし、美少女が出てくるマンガは減るどころか、むしろ商業的には活況の一途をたどっています。それはなぜか? ...
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

伝説の打ち切りマンガ『男坂』が30年ぶりに連載再開! 待ち受けるのは天上界か、それとも……

こんにちは。じゃまおくんです。普段は「BLACK徒然草」というブログで、世の中に埋もれる愛すべきマイナーマンガの紹介をしているんですが、このたび日刊サイゾーで連載を始めることにな...
「女子マンガが読みたくて」第7回

“いくえみ女子”はのび太? 不完全な“フツーの人”の成長物語『潔く柔く』

いくえみ綾の00年代の代表作というべき『潔く柔く』が、映画化される。10月26日公開ということなので、たぶんテレビなどでもガンガンCMが流れているだろうから(我が家にはテレビがな...
「女子マンガが読みたくて」第6回

オンナとは“引き算”なのだ! 女性を哲学する最強の名言メーカー『おんなのいえ』

「女性マンガ」っていうのには2種類ある。ひとつは「女性のために描かれたマンガ」。王子様キャラが出てきて、夢を叶えてくれるようなもので、いわゆる「少女マンガ」と呼ばれるタイプだ。
「女子マンガが読みたくて」第5回

「退屈な二枚目」だらけの少女マンガに現れた、かっこいいゴリラ『俺物語!!』

「あいつ 女の子といる時は退屈な二枚目になっちゃうの」 『恋愛的瞬間』(吉野朔実)という作品に出てくるセリフだ。主人公のハルタが、無二の男友だちである司を評したもので、このあと「...
「女子マンガが読みたくて」第4回

案外男には読みづらい(?)吉田秋生のターニングポイント――『海街diary』

吉田秋生という作家は、「男にも読みやすい少女マンガ」っていうテーマで名前が上がりやすい作家さんだった。「だった」というか、今でも割とそうなんだけど。
「女子マンガが読みたくて」第3回

「淫乱処女」であるメガネ男子・関根くんは、非モテの敵か味方か――『関根くんの恋』

「メガネ男子」ってやつが憎い。かくいう僕も、小学校時代からメガネをかけてきた生粋のメガネ使いだ。コンタクトレンズに浮気したことだって一度もない。なので、ごくごく当然のこととして、...
「女子マンガが読みたくて」第2回

メソメソしている自分を奮い立たせてくれる、狂気じみた社長の情熱『重版出来!』

世の中にはメンタルの強い人というのがいて、コケても打たれても、不屈の闘志で立ち上がり進んでいく。立派だと思うし、憧れもするけど、残念ながら僕はメンタルが弱く、そういう人間にちっと...
「女子マンガが読みたくて」第1回

ゲイのイケメン弁護士の物語が、非モテのオッサンを泣かせる理由『きのう何食べた?』

文字どおりの意味で「自慢じゃない」のだけれど、僕はモテない。若い頃ならともかく、32歳になる今まで彼女のひとりもいなかったとなると、たいていの人に「なんで?」と聞かれる。僕からす...
永山薫の『コミック怪読流』第9回

どっこい生きてる“マンガ界の最終兵器”~卯月妙子『人間仮免中』~

卯月妙子の10余年ぶりの描き下ろし新刊『人間仮免中』(イースト・プレス)を読んで俺は思わず、「なんじゃこりゃ~~!?」と、ぶっ飛んでしまった。あまりの絵の崩れっぷりに驚愕したので...
永山薫の『コミック怪読流』第8回

他人のゼニカネ話ほどオモロイものはない! 読めば身体が痒くなる『アヴァール戦記』

『アヴァール戦記』第1巻(新潮社)マンガ評論家・永山薫のコミックレビュー。連載第8回は中村珍の『アヴァール戦記』です! 中村珍の『アヴァール戦記』第1巻(新潮社)を読んでいたら、...
永山薫の『コミック怪読流』第7回

分からなくってもダイジョーブ! 脳内麻薬を噴出させる異常な漫画『女子攻兵』

『女子攻兵 1』(新潮社)マンガ評論家・永山薫のコミックレビュー。連載第7回は松本次郎の『女子攻兵』です! 出ました! 松本次郎の『女子攻兵』(新潮社)第1巻! 帯に「本年度最狂...
永山薫の『コミック怪読流』第6回

リアルより魅力的かもしれない虚構はリアルが旬のうちに味わうべし『AKB49~恋愛禁止条例~』

『AKB49~恋愛禁止条例~(4)』講談社マンガ評論家・永山薫のコミックレビュー。連載第6回は『AKB49~恋愛禁止条例~』です! AKB48がアニメになる!? 何ソレ? 今時「...
永山薫の『コミック怪読流』第5回

とことんブレない! 幕末でもヤンキー! おまけに下品~加瀬あつし『ばくだん! 幕末男子』~

『ばくだん! 幕末男子 1』(講談社)マンガ評論家・永山薫のコミックレビュー。連載第5回は加瀬あつし『ばくだん! 幕末男子』です! 最近やたらと目につくのがタイムスリップ物だ。 ...
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

コミック記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

火将ロシエル2020年のコスプレイヤー

この世で最も奥が深く、老若男女が楽しめるアウトドアスポーツといえば、ズバリ「散歩」ではな...
写真