日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > トニー・ジャーは本気なんジャー! CGなしの狂乱劇再び『マッハ!弐』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.49

トニー・ジャーは本気なんジャー! CGなしの狂乱劇再び『マッハ!弐』

mahha2.jpg『けんか空手 極真拳』でソニー千葉はウシと闘ったが、『マッハ!弐』のトニー・ジャーは
ゾウの大群に立ち向かう。ゾウの背渡りシーンは圧巻! 良い子は絶対に真似しないように。
(c)2008SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED

 CGはいっさい使わんのジャー! ムエタイ王国タイの誇るアクション俳優トニー・ジャーにとって、5年ぶりとなる主演作『マッハ!弐』が公開中だ。初主演作『マッハ!!!!!!!!』(03)は、ハリウッド映画『マトリックス』(99)シリーズの影響でワイヤーアクション&CG映像が全盛を極める中、ブルース・リー、ジャッキー・チェンたちが積み上げてきた生身のアクションの持つ爽快感と痛みを感じさせる渾身の一作だった。

 ノースタント、ノーCGのこだわりは、さらに主演第2作『トム・ヤム・クン!』(05)で爆発し、4分間にわたる格闘シーンを1カットで撮り上げるという驚異的な映像を生み出した。トニー・ジャー主演作には、ブルース・リーの『ドラゴンへの道』(72)、『燃えよドラゴン』(73)や、ジャッキー・チェンの『ドランクモンキー酔拳』(78)、『プロジェクトA』(83)のように、何度も繰り返し観たくなるアナログ的な味わいがある

 盗まれた仏像を奪い返すためにバンコクに上京した田舎青年の縦横無尽な活躍を描いた『マッハ!!!!!!!!』の続編となる『マッハ!弐』だが、ストーリーはまるで関係ない。舞台はアユタヤ王朝が権勢を誇った15世紀。勢力を拡大するアユタヤ王朝に脅かされる山岳地帯の王国の王子として主人公ティンは生まれるが、国王と王妃は家臣の裏切りに遭い憤死。あわれ幼いティンは流浪の身に。そんな折、人食いワニと闘う少年ティンの常人離れした生命力に目をつけた山賊のリーダー・チューナン(ソーラポン・チャートリー)に拾われ、ムエタイ、剣術、クンフー……とありとあらゆる格闘技の英才教育を受ける。やがて無敵の格闘マシーンとして成人したティン(トニー・ジャー)は山賊団の跡目を継げという頼みを保留して、復讐の旅へ。アクションを引き立てるため、ストーリー展開は極シンプルなものになっている。

 前作『マッハ!!!!!!!!』は型の美しさを強調した”古式ムエタイ”にこだわっていたが、今回は何でもありのバーリトゥードスタイル。日本から来た侍からは居合い抜き、中国人からはクンフーを学び、さらには酔拳、サブミッション、棒術、縄標(手裏剣に縄を付けた中国武術)、タイ舞踊まで次々と披露するトニー・ジャー。まさにアクションの満漢全席状態。さらには両親を殺した真犯人に復讐するというモチベーションの高さも加わり、トニーの戦闘能力は前作以上にアップ。また、『マッハ!!!!!!!!』『トム・ヤム・クン!』でメガホンを取ったプラッチャヤー・ピンゲーオ監督はプロデュースに回り、トニーの師匠であるアクション監督パンナー・リットグライとトニー自身による共同監督作となっている。自身の限界を超えたトニー・ジャーの”アクション・バカ一代”ぶりを堪能してほしい。

mahha2sab1.jpg普段は温厚なトニー・ジャーだが、現場ではガチ
ンコでヒジ&ヒザを当てに行く。本人は『酔拳』の
新シリーズでジャッキー・チェンと共演することを
望んでいるそうだ。

 アユタヤ王国の兵たちとのソードアクションもワクワクさせるが、今回の最大の見どころはトニー・ジャーvs.巨大ゾウ軍団という本当の意味での”異種格闘技戦”だ。『空手バカ一代』(講談社)の実写版『けんか空手 極真拳』(75)でソニー千葉(現・JJサニー千葉)は牛と闘ったが、トニーは巨大ゾウですよ! 暴走するゾウの大群の背渡りだけでは飽き足らず、ゾウのボディを利用した華麗な三角蹴りやバイシクルキックで押し寄せる敵兵たちをなぎ倒してしまう。それはもう、密林の王者ターザンを思わせる見事な暴れっぷりですよ。

 あまりにゾウとの格闘(愛護?)シーンが迫力満点なので、『トム・ヤム・クン!』で来日した際のトニー・ジャーのインタビュー記事を読んでみた。『トム・ヤム・クン!』は狂おしいまでにゾウへの愛に満ちた恋愛アクション映画だったが、なんでもトニーは「自宅でゾウを2頭、飼っているんだ」と涼しげに語った後、バナナをマッハのスピードで食べ尽くしたそうだ。ペットとしてゾウを飼っている映画スターがいたとは。やっぱり、トニー・ジャーはすごいんジャー!

 『空手バカ一代』と言えば、『空手バカ一代』の韓国版『風のファイター』(06)の公開時にサイゾー本誌で真樹日佐夫先生に話を聞く機会があった。『空手バカ一代』の原作者である梶原一騎氏とモデルである大山倍達氏は、梶原氏の実弟・真樹先生を加えた3人で義兄弟の杯を交わし、月に一回のペースで築地のステーキハウスで食事会を開いていたそうだ。その食事会で梶原氏と大山氏は白熱した討論を繰り広げたそうだが、そのテーマは「虎とライオンが闘ったら、一体どちらが勝つか?」ということだったらしい。白昼、2人の熱い討論は尽きることがなかったそうだが、真樹先生が「そんなの、実際に闘ってみなきゃ分からないよ」と割って入って、その場を収拾したそうだ。「大山先生も兄貴もロマンティストだからな。その点、オレはリアリストだからさ」と格闘界の歴史に名前を残す2人のビッグネームとの思い出を真樹先生は懐かしそうに語ってくれた。格闘家はやっぱり猛獣がお好きらしい。真樹先生がムエタイ戦士と激突する『カラテ大戦争』(78)も格闘映画好きには堪えられない不朽の名作であることを付け加えておきたい。

 またまた話は変わるが、日本の有名なアクション時代劇のリメイク作が作られた際に、主演俳優は傑作の誉れが高いオリジナル作に少しでも近づこうと乗馬のトレーニングに励んだそうだ。しかし、実際の撮影現場では「もしも主演俳優が落馬して事故にでもなったら」と本人が乗馬しての殺陣シーンは見送られ、スタントマンの演技に主演俳優の顔だけすげ替えたとのこと。スタントマンの使用を否定する気は全くないが、やはりCG加工ではスクリーン越しに伝わってくる現場の熱気、緊張感は変容してしまうのは否めないだろう。

 『マッハ!弐』に話を戻そう。洞窟に潜むオオカミ女と闘ったり、ゾウの大群をひれ伏せさせたり、さらにゾウに股がるトニー・ジャーに突如カラス男が襲い掛かったり……とかなりの無茶ぶりが展開され、ラストの幕切れにも驚かざるを得ない。でも、それでいいのだ。誰も整合性を求めて、映画館に足を運ぶわけではない。現実社会ではすっかりいなくなった無茶苦茶なバカ者が大暴れする姿を観たいのだ。何者にも縛られない自由なエネルギーの大噴火を目撃したいのだ。常識なんか、ブタに食わせろ。命知らずのトニー・ジャーには、バナナを食わせろ。とにもかくにも『マッハ!弐』は熱いんジャー!
(文=長野辰次)

mahha2sab2.jpg

『マッハ!弐』
監督・原案/トニー・ジャー、パンナー・リットグライ 出演/トニー・ジャー、ソーラポン・チャートリー、ダン・チューポン、ペットターイ・ウォンカムラオ 配給/クロックワークス 1月9日より新宿シネマスクエアとうきゅう他全国ロードショー公開中。
<http://www.klockworx.com/movies/movie_82.html>

トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション

タイといえば、トニーか象か。

amazon_associate_logo.jpg

●深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】INDEX
[第48回]全米”オシャレ番長”ズーイー、見参! 草食系に捧ぐ『(500日)のサマー』
[第47回]市川崑監督&水谷豊”幻の名作”『幸福』28年の歳月を経て、初のパッケージ化
[第46回]押井守監督、大いなる方向転換か? 黒木メイサ主演『アサルトガールズ』
[第45回]ドラッグ漬けの芸能関係者必見!”神の子”の復活を追う『マラドーナ』
[第44回] 暴走する”システム”が止まらない! マイケル・ムーア監督『キャピタリズム』
[第43回]“人は二度死ぬ”という独自の死生観『ガマの油』役所広司の監督ぶりは?
[第42回]誰もが共感、あるあるコメディー! 2ちゃんねる発『ブラック会社』
[第41回]タラとブラピが組むと、こーなった!! 戦争奇談『イングロリアス・バスターズ』
[第40回]“涅槃の境地”のラストシーンに唖然! 引退を賭けた角川春樹監督『笑う警官』
[第39回]伝説の男・松田優作は今も生きている 20回忌ドキュメント『SOUL RED』
[第38回]海より深い”ドメスティック・ラブ”ポン・ジュノ監督『母なる証明』
[第37回]チャン・ツィイーが放つフェロモン爆撃 悪女注意報発令せり!『ホースメン』
[第36回]『ソウ』の監督が放つ激痛バイオレンス やりすぎベーコン!『狼の死刑宣告』
[第35回]“負け組人生”から抜け出したい!! 藤原竜也主演『カイジ 人生逆転ゲーム』
[第34回]2兆円ペット産業の”開かずの間”に迫る ドキュメンタリー『犬と猫と人間と』
[第33回]“女神降臨”ペ・ドゥナの裸体が神々しい 空っぽな心に響く都市の寓話『空気人形』
[第32回]電気仕掛けのパンティをはくヒロイン R15コメディ『男と女の不都合な真実』
[第31回]萩原健一、松方弘樹の助演陣が過剰すぎ! 小栗旬主演の時代活劇『TAJOMARU』
[第30回]松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇
[第29回]シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』
[第28回]“おねマス”のマッコイ斉藤プレゼンツ 不謹慎さが爆笑を呼ぶ『上島ジェーン』
[第27回]究極料理を超えた”極地料理”に舌鼓! 納涼&グルメ映画『南極料理人』
[第26回]ハチは”失われた少年時代”のアイコン  ハリウッド版『HACHI』に涙腺崩壊!
[第25回]白熱! 女同士のゴツゴツエゴバトル 金子修介監督の歌曲劇『プライド』
[第24回]悪意と善意が反転する”仮想空間”細田守監督『サマーウォーズ』
[第23回]沖縄に”精霊が暮らす楽園”があった! 中江裕司監督『真夏の夜の夢』
[第22回]“最強のライブバンド”の底力発揮! ストーンズ『シャイン・ア・ライト』
[第21回]身長15mの”巨大娘”に抱かれたい! 3Dアニメ『モンスターvsエイリアン』
[第20回]ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』
[第19回]ケイト姐さんが”DTハンター”に! オスカー受賞の官能作『愛を読むひと』
[第18回]1万枚の段ボールで建てた”夢の砦”男のロマンここにあり『築城せよ!』
[第17回]地獄から甦った男のセミドキュメント ミッキー・ローク『レスラー』
[第16回]人生がちょっぴり楽しくなる特効薬 三木聡”脱力”劇場『インスタント沼』
[第15回]“裁判員制度”が始まる今こそ注目 死刑執行を克明に再現した『休暇』
[第14回]生傷美少女の危険な足技に痺れたい! タイ発『チョコレート・ファイター』
[第13回]風俗嬢を狙う快楽殺人鬼の恐怖! 極限の韓流映画『チェイサー』
[第12回]お姫様のハートを盗んだ男の悲哀 紀里谷監督の歴史奇談『GOEMON』
[第11回]美人女優は”下ネタ”でこそ輝く! ファレリー兄弟『ライラにお手あげ』
[第10回]ジャッキー・チェンの”暗黒面”? 中国で上映禁止『新宿インシデント』
[第9回]胸の谷間に”桃源郷”を見た! 綾瀬はるか『おっぱいバレー』
[第8回]“都市伝説”は映画と結びつく 白石晃士監督『オカルト』『テケテケ』
[第7回]少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』
[第6回]派遣の”叫び”がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』
[第5回]三池崇史監督『ヤッターマン』で深田恭子が”倒錯美”の世界へ
[第4回]フランス、中国、日本……世界各国のタブーを暴いた劇映画続々
[第3回]水野晴郎の遺作『ギララの逆襲』岡山弁で語った最後の台詞は……
[第2回]『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
[第1回]堤幸彦版『20世紀少年』に漂うフェイクならではの哀愁と美学

最終更新:2012/04/08 23:03

トニー・ジャーは本気なんジャー! CGなしの狂乱劇再び『マッハ!弐』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

自民党で国民生活は苦しく!?

今週の注目記事・第1位「綾瀬はるか、韓流タレ...…
写真
インタビュー

本性としての暴力と協力(後編)

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真