日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 日本軍コスプレが流行中

今年のハロウィンはこれで決まり!? ドラマのPRで、結婚式で……日本軍コスプレが流行中

 多くの人がコスプレに興じるハロウィンが今年も近づいているが、中国では一風変わったコスプレが一部で流行している。

「澎湃」(10月18日付)などによると、7日、江蘇省連雲港市のバスターミナル付近に、日本軍の軍服を身にまとった十数名の一団が現れた。手には軍刀と小銃を携え、プラカードを掲げていた。彼らは日本を揶揄したコメディドラマのPRのため、日本軍の格好をして街を練り歩いていたのだった。ところが通行人に通報され、すぐに警察に制止されてしまった。首謀者の男は拘留され、他の参加者たちも取り調べを受けているという。

 

同省南京市では、2人組の男が抗日戦跡で日本軍の軍服を着て記念撮影をした
天津市では、結婚式のパレードに日本軍の軍服が用いられた

 中国では、日本軍コスプレが、ちょっとしたブームになっている。同省南京市では2月、2人組の男が抗日戦跡で日本軍の軍服を着て記念撮影。何者かが中国版Twitter「微博」に画像を投稿したことで発覚し、2人は15日間も拘留された。さらに天津市では5月、結婚式で日本軍の軍服を着てパレードしたことがネット上で話題となり、新郎新婦が謝罪している。

 習近平政権は愛国心をより浸透させるため、4月に「中華人民共和国英雄烈士保護法」を施行し、英雄や殉難者の侮辱や誹謗することを禁じている。一連のコスプレ騒動は同法に当たらないと思われるが、徐州翰公弁護士事務所の朱永強主任は「公共の場で行われたことは民衆心理に対して不適切であり、典型的な炎上行為だ」と断じる。

 わざわざ法制化するところがさすがは中国だが、一向になくならない日本軍コスプレ。抗日ドラマを見て育った若者にとって、日本軍は身近な存在になっているということなのだろうか? ハロウィンが徐々に広まりつつある中国各地で、今後も日本軍コスプレが見られるかもしれない!?

(文=大橋史彦)

最終更新:2018/10/24 09:39

今年のハロウィンはこれで決まり!? ドラマのPRで、結婚式で……日本軍コスプレが流行中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真