日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 男性器にシリコン注入して死亡

”ご主人様”の命令で……? 男性器に大量のシリコンを注入したオーストラリア人男性が死亡

中央が”ご主人様”ディラン、左下がジャック(「デイリー・ミラー」より)

 世の男性にとって、自分の“息子”を少しでも大きく見せたい、というのは共通の願いだろう。クリニックで行われている増大手術では、自身の脂肪やヒアルロン酸を注入するのが主流で、近年料金も安くはなっているが、やはりリスクを伴うものであることは間違いない。実際、今年2月には、千葉県船橋市の美容整形外科で増大手術を受けた50代の男性が、排尿が困難になるなどの損害を受けたとして、慰謝料約2億4,000万円の支払いを求める裁判を起こしている。

 そんな中、米シアトルでは、男性器に大量のシリコンを注射した男性が死亡するという事件が起きた。

「デイリー・ミラー」(11月7日付)によると、死亡したのはオーストラリア人のジャック・チャップマン(28歳)。死因は、シリコン注射によって引き起こされた肺の疾患とみられている。なお、シリコンの種類や、病院で手術を受けたのか、自分自身で注入したのかどうかについては不明だ。

 ジャックは、シアトルに来る前、サンフランシスコのゲイコミュニティで、人気ブロガーのディラン・ハーフェルテーフェンと知り合い、“秘密の関係”を結んでいたという。ディランはジャックに、危険な身体改造とSMプレイを紹介。ジャックのほかにも複数人、“奴隷”がおり、彼らを”子犬たち”と呼んでいたようだ。

 ジャックの死後、彼の母親は、ある契約書を発見。そこにはディランとチャップマンは主従関係にあり、グループ外からの一切の連絡を断ち、首に鎖をかけなければならないといった規約が明記されていたという。

 さらに死の3週間前、ジャックはすべての資産をディランに残す意思を表明していた。

 ジャックは以前、“タンク・ハーフェルテーフェン”と名乗り、ムキムキのボディと肥大化した男性器をアピールする写真をネット上にアップしていたが、どうやらこのシリコン注入も、ディランの指示による“カルトセックスゲーム”の一環だったようだ。

 ジャックの死後、ディランは自身のブログで「私はあなたを愛している。私の親友、パートナー、私の世界……私の子犬」と哀悼の意を示しているが、いくら”ご主人様”の命令とはいえ、危険なSMプレイはほどほどにしておくべきだろう。

最終更新:2018/11/09 09:56
こんな記事も読まれています

”ご主人様”の命令で……? 男性器に大量のシリコンを注入したオーストラリア人男性が死亡のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...…
写真