日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > “ゾンビ肉”の密輸が大量発覚

周囲は吐き気を催すほどの悪臭が……中国で3年ぶりに“ゾンビ肉”の密輸が大量発覚

袋詰めで押収された腐敗肉。押収時には吐き気を催すほどの悪臭が漂っていたという

 2015年に中国で発生した“ゾンビ肉事件”では、40年前に冷凍された肉が流通していたことがわかり、社会に大きな衝撃を与えた。

 あれから3年、根絶されたかのように思われたゾンビ肉問題が再び発生した。

「東網」(11月4日付)によると10月29日、江蘇省南京市六合区の食品衛生当局に、匿名の通報が寄せられた。市内にある企業が所有する冷凍倉庫に、大量の腐敗した肉が保存されているというものだった。

 当局がこの冷凍倉庫へ立ち入り調査を行ったところ、なんと123トンもの腐敗した肉を発見。肉の種類は、鶏肉や豚肉などさまざまであった。さらに、冷凍倉庫は温度管理がされておらず、周辺に腐敗臭をまき散らしていたため、近隣住民からも苦情が寄せられていた。

 当局の調べによると、これらの肉はブラジル、デンマーク、ポーランドなどの国々から輸入された可能性が高いが、税関にも輸入記録がなく、密輸された疑いがあるという。

 冷凍倉庫の所有者によると、同倉庫はある企業に1カ月3万4,000元(約55万円)で「飼料倉庫」として貸し出していたというが、その企業とはいまだ連絡がついていないようだ。

 これらの腐敗肉の一部は、すでに消費者の口に入った可能性もあるとみられている。

 中国のゾンビ肉問題は、まさにゾンビのごとく不死身であるようだ……。 

(文=青山大樹)

最終更新:2018/11/22 21:00
関連キーワード

周囲は吐き気を催すほどの悪臭が……中国で3年ぶりに“ゾンビ肉”の密輸が大量発覚のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真