日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > “ゾンビ肉”の密輸が大量発覚

周囲は吐き気を催すほどの悪臭が……中国で3年ぶりに“ゾンビ肉”の密輸が大量発覚

袋詰めで押収された腐敗肉。押収時には吐き気を催すほどの悪臭が漂っていたという

 2015年に中国で発生した“ゾンビ肉事件”では、40年前に冷凍された肉が流通していたことがわかり、社会に大きな衝撃を与えた。

 あれから3年、根絶されたかのように思われたゾンビ肉問題が再び発生した。

「東網」(11月4日付)によると10月29日、江蘇省南京市六合区の食品衛生当局に、匿名の通報が寄せられた。市内にある企業が所有する冷凍倉庫に、大量の腐敗した肉が保存されているというものだった。

 当局がこの冷凍倉庫へ立ち入り調査を行ったところ、なんと123トンもの腐敗した肉を発見。肉の種類は、鶏肉や豚肉などさまざまであった。さらに、冷凍倉庫は温度管理がされておらず、周辺に腐敗臭をまき散らしていたため、近隣住民からも苦情が寄せられていた。

 当局の調べによると、これらの肉はブラジル、デンマーク、ポーランドなどの国々から輸入された可能性が高いが、税関にも輸入記録がなく、密輸された疑いがあるという。

 冷凍倉庫の所有者によると、同倉庫はある企業に1カ月3万4,000元(約55万円)で「飼料倉庫」として貸し出していたというが、その企業とはいまだ連絡がついていないようだ。

 これらの腐敗肉の一部は、すでに消費者の口に入った可能性もあるとみられている。

 中国のゾンビ肉問題は、まさにゾンビのごとく不死身であるようだ……。 

(文=青山大樹)

最終更新:2018/11/22 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

周囲は吐き気を催すほどの悪臭が……中国で3年ぶりに“ゾンビ肉”の密輸が大量発覚のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...
写真