約350円のチップで“パフパフ”

コンパニオンがセクキャバ並みのサービス!? 台湾の忘年会がハレンチすぎ!

2019/02/01 18:00

100台湾ドル(約350円)のチップで“パフパフ”サービスを受けられる台湾の忘年会

 旧正月が間近に迫る1月は、中華圏においては忘年会シーズンだが、成人式で暴れる日本の若者のように、酔っぱらいの暴走がこの時期の風物詩になっている。

「新頭殼」(1月24日付)などによると、台湾人がFacebookに投稿した忘年会の動画が話題になっている。その動画とは、キャミソール姿のセクシー女性が男性のヒザの上にまたがって首の後ろに手を回し、男性の顔を自らの胸に押しつけているというもの。酔っ払っている男性もまんざらではない様子で、顔を女性の胸の谷間にうずめながら手で乳房をモミモミし、応戦していた。まるでセクキャバのようだが、食事する円卓があり、中華料理店かホテルの宴会場とみられる。どうやらこの女性は、忘年会を盛り上げるために派遣されたコンパニオンのようだ。男性は既婚者だったが、この投稿によって妻の知るところとなり、家に3日間入れてもらえなかったという。

 一方、新北市では、忘年会に派遣された女性ダンサーが男たちにセクハラされる事件が起きた。「鏡傳媒」(1月24日付)などによると、同市三重区で行われたある企業の忘年会で、女性が15分間のパフォーマンスを終え、舞台から立ち去ろうとすると、司会者から客と交流するよう促された。女性はたちまち酔った10名の男たちに担がれ、一人の男性の元に連れていかれた。そして、酔った別の男がその男の頭を押さえつけると、女性ダンサーの胸に何度も強く押し付けたのだ。

 翌日、女性は胸が痛くて呼吸がうまくできないほどだったため、病院に行くと、胸部挫傷で全治3~6カ月と診断された。イベント会社に謝罪と賠償を求めたが、会社側は「負傷したことをその場で言わず、次の日にFacebookに投稿するというのはどうなんだ?」「チップはあっさりもらっておいて、後になって騒いでいる」などと、対決の姿勢を示している。

 日本でもかつて、セクシーコンパニオンを呼んでの忘年会が盛大に行われていたが、今の時代、そんな忘年会など開こうものなら「セクハラ」や「コンプライアンス」の名のもとに一刀両断されるのが関の山だろう。

(文=中山介石)

最終更新:2019/02/01 18:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む