日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西内まりや、汚れ仕事しかない?

母親が詐欺被害の西内まりや 国内仕事はなく財政危機、汚れ仕事に手を出すしかないか?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

【校正待ち】母親が詐欺被害の西内まりや 国内仕事はなく財政危機、汚れ仕事に手を出すしかないか?の画像1
西内まりや 公式インスタグラム(@mariya_nishiuchi_official)より

 西内まりやが巨額投資詐欺事件に巻き込まれていると5月23日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 記事によると、西内まりやの姉であるタレントの西内ひろの知人男性が持ちかけた資産運用話に、西内の母親が乗り、5,000万円を注ぎ込んだとのこと。西内の母親はまた、友人数名にも紹介し、その友人たちも投資話に乗ってしまったという。さらに、この詐欺事件をめぐって、西内と交友関係がある芸能人が被害にあったとのウワサも業界を駆け巡っているようだ。

「実際には、西内の母とその友人数名が被害にあったという話なんですが、西内の交友関係にまでウワサ話が及んでいるあたりを見ると、“西内まりや”の知名度が利用された可能性もゼロではなさそう。そういったこともあり、西内は責任を感じ、母親の友人が騙し取られたお金も、自分が稼いで返済をしようと考えているとも報じられています」(芸能記者)

 母親の友人の被害額を西内が負担する必要があるのかどうかはわからないが、少なくとも母親が被害にあったことで「西内家」の家計が危険水域に入っていることは間違いない。

「西内の稼いだお金は母親が管理していたようですね。つまり、母親が投資した5,000万円は西内の貯金だったと見られています」(同)

 西内は2017年に当時所属していたライジングプロダクション幹部とトラブルを起こし、翌年に退所。その後は仕事が激減している。

「モデルの仕事はありますが、メディア露出は皆無の状態。女優としても歌手としても何もできておらず、収入はほとんどないんじゃないでしょうか。それに、トラブルを起こして事務所を辞めているということで、業界内では使いづらい存在となっている。事実上芸能界を干されているような状態です」(芸能事務所関係者)

 仕事もほとんどない西内が、大金を稼ぐ方法はあるのだろうか。

「トラブルを抱えている芸能人に入ってくる仕事はかなり限られています。地方のイベントとか、パチンコ店の営業とかならあるかもしれません。あるいは、海外での仕事もあるでしょう。実際に韓国でモデル仕事をしているし、そこが突破口になればいいのですが……」(同)

 最悪のパターンは、再び詐欺まがいの商売に加担してしまうことだ。

「干された芸能人が怪しげな健康食品や情報商材なんかの広告塔になることは珍しくない話ですが、これは“最終手段”。ただ、日本国内でまともな芸能活動ができていないことを考えると、そういう汚れ仕事に手を出してしまう可能性もゼロではないと思います」(同)

 騙し取られたお金を返すために、また別の詐欺まがいなビジネスに加担する、というのは最悪の展開以外の何物でもない。かつて「ポスト安室奈美恵」と呼ばれた西内まりやが、そんなところまで落ちてしまわないことを切に願いたい。

最終更新:2019/05/24 23:00

母親が詐欺被害の西内まりや 国内仕事はなく財政危機、汚れ仕事に手を出すしかないか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

ビートたけし「FRIDAY被害者の会」

 ビートたけしが襲撃された!というニュースを...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真