日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 朝倉兄弟がRIZINメインへ

RIZINデビューから4連勝! 朝倉兄弟がついにメイン戦へ――兄・未来は「勝って引退」!?

左が弟の海、右が兄の未来

   朝倉兄弟がこの夏、いよいよ主役に躍り出る!――総合格闘家の朝倉未来 (みくる・27)が7月28日(日)開催の「RIZIN.17」(さいたまスーパーアリーナ)で、矢地祐介(29)とメインで対戦。弟の海 (かい・25)も8月18日(日)開催の「RIZIN.18」(ドルフィンズアリーナ/愛知県体育館)で、世界初の総合格闘技2団体同時王者である堀口恭司(28)とメインで戦うことが決まったのだ。不良の格闘技大会「THE OUTSIDER」出身の兄弟が、ともに「RIZINで4勝無敗」という快進撃の末につかみ取ったメインの座。ここで勝てば一気にスターダムにのし上がれるが、2人の現在の心中やいかに? 爆弾発言連発の独占インタビューをお届けしよう!

***

 インタビュー場所は、都内のファミリーレストラン。「好きなものを頼んでください」と告げると、それまで仏頂面だった兄・未来の表情が一瞬ほころんだ。「本当ですか? 俺、めちゃくちゃ食いますよ。食うのも速いですけど」と言って、ステーキとスパゲティとフレンチトーストを矢継ぎ早にオーダー。試合を控えたこの時期に、そんなに食べて大丈夫なのか? と心配になったが、そういえば彼は次戦に向けて増量をしなければならないのだということに、後で気づいた。一方、弟の海は、ハンバーグセット1人前を注文。「ドリンクバーは?」と聞くと、「水でいいです」と答えた。

――兄弟ともどもRIZINデビューから破竹の4連勝を飾り、「早くも」と言うべきか「ついに」と言うべきか、メインの座を勝ち取りました。まずは、お兄さんにお尋ねします。矢地戦が決まった率直な感想をお聞かせください。

朝倉未来(以下、未来) 今年4月のRIZIN.15で俺と(ルイス・)グスタボの試合が決まったとき、RIZINの榊原(信行) 代表が会見で「この試合に勝ったほうが矢地とやる」と言っていたので、いずれやるんだろうな、とは思っていました。ただ、なんで勝ったほうが矢地とやるのかがよくわからなかった。だって、矢地は(RIZIN.12で)グスタボに負けているじゃないですか。俺は結局グスタボに勝ったので、ますます矢地とやる意味がないな、と思いました。

――人として、そしてファイターとして、矢地選手にはどんな印象を抱いていますか?

未来 Twitterの一件(後述)があるまでは、人当たりが良さそうな感じの人だな、一緒にRIZINを盛り上げようぐらいには思っていたんですけど、ファイターとしては正直、気にも留めていませんでした。そもそも階級が違いますからね。ところが、俺が昨年末、ライト級の北岡(悟)選手との試合のオファーを断った後に、矢地が「対戦相手は団体が決めること。選手に選ぶ権利はない」みたいな悪口的なツイートをしたんですよ。そこから「こいつ、偉そうだな」「やってやろうかな」と思うようになりました。

――今回の試合が実現するまでの争点は、体重差でした。未来選手は66 kg、矢地選手は70 kgが適正体重。結局、70 kgで戦うことに決まりましたが、かつては「矢地なら70 kgでもやってやる」と言っていた未来選手が、交渉の過程で「間を取って68 kgでどうか」と打診してきたことなどを受けて、矢地選手は「そもそも70 kgで俺とやりたいって言ったの誰だよw」とツイートしています。

未来 「70 kgでもやってやる」と言ったのは、俺がグスタボに勝つ前の話。俺がグスタボに勝った時点で、世間の評価はすべて変わっているんで、俺が矢地とやるメリットは何もないんですよ。もしそれでもやりたいなら、彼の言葉を借りるのであれば、「負けた奴に未来はない」んで、あいつに選択肢はないんですよ。だから俺がやってあげるんであれば、俺の体重(66 kg)に合わせるのが筋じゃないですか。でもそれはキツいだろうから、俺は間を取って「68 kgでやりましょう」と言ったら、あいつはかたくなに断った。だけどRIZINからは「試合をしてほしい」と言われるし。「だったら俺が70 kgに上げてやってやるよ」という話です。

12345
こんな記事も読まれています

RIZINデビューから4連勝! 朝倉兄弟がついにメイン戦へ――兄・未来は「勝って引退」!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真