日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『べしゃり暮らし』駿河太郎に期待

『べしゃり暮らし』が貫いた「アドリブ>台本」の価値観は是か非か――主人公の天才性は最後まで伝わらずじまい

テレビ朝日『べしゃり暮らし』

 9月14日に『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)の第8話が放送された。最終回だった。

第8話あらすじ 「あいつ以上におもろいこと言うたらええんちゃうんか!」

 上妻圭右(間宮祥太朗)と辻本潤(渡辺大知)のコンビ「べしゃり暮らし」は「漫才新人グランプリ」での優勝を目指しているが、圭右は養成所の講師から「セリフ覚えの悪さをアドリブでごまかしている」と指摘される。しかし、態度を改めないまま彼らは1次予選に臨んだ。その舞台で辻本は、昔からファンだったという女性が客席で体調不良に陥るのを見て、激しく動揺。かろうじてネタはやりきったものの、圭右のアドリブに対応し切れなかった。

 自分の過信に気づいた圭右は、2次予選でアドリブを完全封印。そのせいで持ち味を出せなかったことに、辻本は不満を抱いた。結果、べしゃり暮らしは敗退。アドリブをしなかったことに対し、辻本が怒りをあらわにすると、圭右は「お前が付いてこれないからアドリブを封印した!」と反論。辻本は「お前が信じてくれるような相方になれなかった」と、圭右のもとを去ってしまう。

 その後、「漫才新人グランプリ」の追加合格者が発表され、土壇場でべしゃり暮らしの決勝進出が確定。しかし、姿を消した辻本に圭右がいくら電話をしても連絡が取れない。この状況のまま決勝の日がやって来た。

 辻本が1人でうなだれていると、そこに金本浩史(駿河太郎)が通りすがる。辻本は「俺は力不足」「上妻と俺は釣り合わない」と弱音を吐くが、その言葉に金本は激高。「あいつがおもろいこと言うんやったら、それ以上におもろいこと言うたらええんちゃうんか!」「お前、藤川(尾上寛之)の何見てきてん!」と厳しい言葉で叱責し、タクシーで辻本を会場まで送り届けた。

 到着した辻本は圭右に「お前と漫才したい」と素直な気持ちを伝え、ネタ合わせをする間もなく2人は決勝の舞台に立った。アドリブだらけの漫才を展開するべしゃり暮らしは持ち時間を4分もオーバーしたものの、思う通りの漫才をして完全燃焼。2人は満足気に笑い合った。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed