日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『家つい』がん治療で全財産失う

『家、ついて行ってイイですか?』がんで最愛の妻を亡くした夫と、がん治療で全財産を失ったフレンチシェフ

テレビ東京『家、ついて行ってイイですか?』

 16日放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)に、最愛の妻をがんで亡くした男性と、甲状腺がんを宣告され全財産を失った料理人の男性が登場。がんによって人生を翻弄された2人の生きざまとは――。

 大宮駅でスタッフが声をかけた堀江さん(55)はトラック運転手。妻の病気が発覚したことをきっかけに、15年ほど前に転職したのだという。前職はホテルの営業で、家に帰れるのは年に3分の1と多忙だったが、現職は地場が多く、毎日家に帰れるため、転職を決めた。

 取引先の会社で働いていた妻と知り合い、1年後に結婚。一男一女に恵まれ、幸せいっぱいのさなか、突然の悲劇が一家を襲う。当時32歳だった妻が、乳がんを宣告されたのだ。すでにステージ4。長女はまだ2歳で、「なんとか生き延びたい」と抗がん剤と放射線治療を続け、寛解するも、36歳の時に再発。10年間投薬治療を続けたが、46歳の時に亡くなった。銀婚式を迎える半年前、2017年6月のことだった。

 新婚旅行先のオーストラリアで買ったという使い古された鍋つかみや、柄がボロボロになった包丁、手作りのティッシュケースなど、家の中にはまだ妻の思い出の品があふれていた。

「捨てられないんだよね、汚いんだけど」

「亡くなったからって、新しいものに一新というのはなかなか……」

「古くなっても汚くなっても構わない」

とこぼす堀江さん。4年前に神社でもらったという家族全員分のお札も、返せずにいる。

「一緒に住んでいたから、全部捨てると妻がいなくなっちゃうんじゃないかなって。妻が生きていた時のものを残しておきたいんだよね」

 妻の死後、慣れないながらも家事をこなす堀江さん。キッチンにはプリントアウトされたレシピの束が置かれていたが、「この際だから」と言ってスタッフに見せてくれたのは、堀江家オリジナルのおせちのレシピ。偶然、パソコンに残されていたものを見つけたのだという。2度挑戦したが、栗きんとんは火の加減がうまくいかず、上手にできなかったと笑う。

 そんな中、大学生の長女が帰宅。おせちにまつわる母との約束を明かした。

「『毎年1個でもいいからママのレシピをはるか(長女)がやるんだよ』って、亡くなる前くらいに言われたけど、その時は実感がなくて、いつもママが作ってくれるのが当たり前だったから、一人で作るのがまだ怖くて作れてない」

 大切な人の死を悼む方法は人それぞれだろう。ただ静かに心の中で想ったり、誰かと思い出を語り合ったり、堀江さんのように故人の思い出の味を再現したり。長女が母親のおせちを完全に再現できたとき、家族は本当の意味で大切な人の死を乗り越えられるのかもしれない。

12
こんな記事も読まれています

『家、ついて行ってイイですか?』がんで最愛の妻を亡くした夫と、がん治療で全財産を失ったフレンチシェフのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真