日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ブルゾンちえみ、解散宣言で炎上

ブルゾンちえみ、with Bに“さようなら”宣言で大炎上「勘違いしてる」の声も

文=日刊サイゾー

ワタナベエンタテインメント公式サイトより

 タレントのブルゾンちえみが、with Bことお笑いコンビ・ブリリアンのふたりに“解散宣言”を出し、話題になっている。

 ネタのため、『ブルゾンちえみ with B』としてユニットを組み、大ブレイクを果たしたブルゾンとブリリアン。現在はブルゾンのネタ披露が激減したことから一緒に見る機会も少なくなってきた。

そんな中、ブルゾンは11日にインスタグラムを更新し、「Moët & Chandonブースにてなんや動画を1人で撮影していると『イケメン連れて来ましょうか!』と、はりきって聞かれ、私はパブロフの犬のように『はい』と答えた」と、シャンパンブランドのブースで写真を撮っていた際の出来事を告白。

「数分ののち、2人の男が現れた。しゅっとしている」と、スーツを着用した細身のイケメン2人と撮影した3ショット写真などを披露した。

 また、ブルゾンは「身長は?と尋ねると、『186です』『188です』」という2人との会話を明かし、「”この男たちを、どう料理していこうか。” 私は腕をまくった」とイケメンふたりを前にやる気が満ちたことを明かし、「さようなら、コージ、ダイキ」と新たなイケメンを前に、with Bの二人に堂々と別れを告げていた。

 もちろん冗談ではあるものの、このツイートにネットからは、「あの二人がいたから売れたっていうのもあると思うんだけどな」「ブルゾンは完全に勘違いしてる」「ブリリアンにとっては、解散の方がいいよ。だってブルゾンもうお笑いやる気ないでしょ?」「いや、ピーク過ぎたブルゾンの下にいてももはやメリット無いだろ」という厳しい指摘が集まっていた。

 ブルゾンといえば、イイ女風のネタを演じていたものの、このところすっかりそれが地になってしまい、痛い“勘違い女芸人”という評価が定着。好感度を大きく落としていることもあってか、with Bを突き放すような投稿に批判が相次いでいた。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/13 12:00

ブルゾンちえみ、with Bに“さようなら”宣言で大炎上「勘違いしてる」の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

“第7世代の刺客”DJ松永に熱視線

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

真空ジェシカ、尖り芸人じゃない?

 ニューヨーク、空気階段、やさしいズ……。TBSラジオのネタ番組『マイナビラフターナ...
写真