日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > ゆきぽよ炎上で株を上げたYouTuber
YouTubeウォッチ!

ゆきぽよ炎上騒動で株を上げたYouTuber・フィッシャーズ、日本人初の“アカデミー賞”受賞!

文=KJ(けい・じぇい)

YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集者が、ここ最近起こったYouTube関連の出来事について語るコーナーです。

ゆきぽよYouTuber批判発言に、人気YouTuberたちが反論!

YouTubeライター・KJ(以下、KJ) 最近YouTuber界隈で起こった大きな騒ぎといえば、やっぱり、ゆきぽよの炎上は外せないよね。

新米編集者・トクちゃん(以下、トクちゃん) あぁそれ、僕も知ってます。12月13日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、ゆきぽよが人気YouTuber(「北の打ち師達」のはるくん)と半同棲報道のあったフジテレビの久代萌美アナに「だまされてますよ!」「YouTuberにちゃんとしている人います? YouTuberに保証はないし、大丈夫ですか?」とか言って、批判の的になったやつですよね? YouTuber好きとしては、見過ごせないですよね。

KJ そうなんだよ。当然、ネットは大荒れ。ゆきぽよも「ちっぽよTV!」っていう自分のYouTubeチャンネルを持ってるんだけど、最新の動画を見てみると、高評価の8倍以上も低評価が押されてて(12月25日現在)、コメント欄は「YouTuberディスってるくせにYouTuberやるな!」「謝れ!」の大合唱っていう……

トクちゃん うわぁ、地獄絵図じゃないですか……。

KJ 人気YouTuberたちも、このゆきぽよの発言に反応しちゃってさ。ヒカルが「とある有名?人がテレビでYouTuberを下に見た発言したらしいけど いやそもそもお前誰やねん ってなったのは俺だけか…名前初めて聞いた人やったわ笑」ってツイートしたり、パオパオチャンネルのぶんけいが「テレビ番組でYouTuberのこと突くような発言を見て、普通に嫌な気持ちになったな。イジリにも限度があると思うぞ。」ってつぶやいたり。

トクちゃん ヒエ~、おっかない!

KJ 確かに、YouTubeに人生かけてるクリエイターやそのファンからしたら、「は?」って思うのもわかるよ。でも、ゆきぽよはYouTuberになじみのない一般テレビ視聴者の素朴な疑問を代弁したにすぎないし、バラエティで結果を残すために、彼女も必死なんだよ。同じギャルタレントのみちょぱばと比べられることも多いけど、制作サイドからはあんまり評価が高くないみたいだし……。ギャルは旬が短いし、少し多めに見てあげて!

123

ゆきぽよ炎上騒動で株を上げたYouTuber・フィッシャーズ、日本人初の“アカデミー賞”受賞!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

成田凌の取材態度が悪すぎ?

 目覚ましい活躍が続く俳優・成田凌。人気シリ...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真