日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐の新曲、紅白で微妙な空気に

会場もドン引き!? 嵐の新曲、紅白大トリでの披露も…現場に微妙な空気が漂う

文=日刊サイゾー

 令和初となる大みそか恒例の「第70回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京・渋谷のNHKホールで行われ白組が優勝した。

 白組の大トリをつとめたのは嵐。「嵐×紅白 スペシャルメドレー」と題したメドレーで、デビュー曲「A・RA・SHI」と、昨年11月に初めて配信限定でリリースしたシングル「Turning Up」を披露した。

「『A・RA・SHI』は誰でも知っている曲なので会場は大盛り上がりだったが、おそらく、『Turning Up』は聞いたことがなかった人が多かったのでは。ステージ上のほかの歌手やゲストたちのノリがイマイチで、微妙な空気が漂っていました。ほとんどの共演者がその曲自体を知らないはずで、そうした空気が会場全体にあった。2曲目をもっと知られた曲にして欲しかったなと残念です」(会場にいた芸能関係者)

 昨年11月3日はデビューからちょうど20周年の日にあたり、各SNSの解禁と配信限定シングルの発売を発表。「Turning Up」のミュージックビデオは同日午後9時に公式YouTubeチャンネルでプレミア公開されたのだが、曲はそれほど浸透していないのが正直なところだ。

「曲調がまるでK-POP調で、嵐の良さを出しているとは言いにくい。サビ以外は全員のソロパートで繋いで、櫻井翔がラップを担当しているが、パンチが弱く、印象に残るような曲とは言えない。そのせいもあってか、同曲のMVのYouTube視聴回数は公開から2カ月で2,100万回程度までしか伸びていません」(女性誌記者)

 嵐といえば、今年いっぱいで活動を休止することを発表しているだけに、おそらく、今年の紅白がラストステージになる。またまた大トリをつとめる可能性が濃厚だが、会場中が盛り上がれる曲で有終の美を飾ってほしいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/02 21:00

会場もドン引き!? 嵐の新曲、紅白大トリでの披露も…現場に微妙な空気が漂うのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真