日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 舐達麻、メジャー化なるか?

舐達麻(なめだるま)は2019年ベストアルバム獲得でメジャー化なるか? 分断される日本のヒップホップ

文=日刊サイゾー

日本語ラップにおけるメジャーとインディーズ

 “リアルなヒップホップ”を体現するアーティストには、あまり好ましくないようにも見える日本の音楽シーン。しかし、本人たちにとっては、そう悪いものではないようだ。

「CDをたくさん売ることこそが音楽ビジネスにおける成功だった時代なら、メジャーでリリースすることが重要だった。でも、今は配信でもYouTubeでも、いろいろな形で作品を発表する場がある。しかもそれらは基本的にインディペンデントでできること。メジャーの資本がなくても音楽でビジネスができる時代だし、インディペンデントであれば、売上を総取りできる。作品について、レコード会社からとやかく言われることもない。むしろアーティストにとっては、メジャーに行くよりも、旨味があるのです。

 それこそ舐達麻のように、ヒップホップのアーティストは、自分たちの作品に対する信念をしっかりと持っていることが多い。そうなると、インディペンデントでやっているほうが幸せだと思います」(インディーズレーベル関係者)

 その人気の高まっているからといって、無条件にメジャー化するわけではない日本のヒップホップ。これが正解なのかどうかの判断は難しいところだが、アメリカなどのシーンとは異なる独自の形となっていることは間違いない。

「大手メディアに取り上げられなくても、リスナーはネットを介して“リアルなヒップホップ”に触れることはできますからね。分断されているのは、あくまでも“メディア”における問題ということでしょう」(同)

 ヒップホップへの注目度が高まる2020年。“リアルなヒップホップ”を知りたいのであれば、大手メディアで流れるものだけでなく、より積極的に情報を求めていくことが必要になりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/28 10:37
12

舐達麻(なめだるま)は2019年ベストアルバム獲得でメジャー化なるか? 分断される日本のヒップホップのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真