日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > TBSがまた放送倫理違反か!?

TBSがまた放送倫理違反!? 障害者手帳を持つ「多重人格者」をバラエティで笑いものにする不見識

文=日刊サイゾー

TBS赤坂センター

 1人の人間の中に何人もの人格が存在する多重人格──いわゆる“中二病”の人間には憧れの対象だが、TBSのバラエティ番組『1番だけが知っている』が、2月3日の放送で「10人の人格が存在する」と主張する人間を紹介。多重人格者を面白おかしく取り上げる演出に、業界内から驚きの声が上がっている。

『1番だけが知っている』で紹介されたのは、「10人の人格を持つ」というharuさんだ。番組によれば、haruさんの中には、

・交代する人格をまとめる「洋祐」
・16歳の女子高生「結衣」
・飛行機が好きな6歳の少年「はると」
・満月の日だけ登場する「付(つき)」
・13歳の理系少年「悟」
・25歳のエンジニア「圭一」
・洋祐が意図的に出せる19歳「圭吾」
・モチモチしたものに反応する「灯真」
・17歳の「航介」
・リスカをした「悠」

という10人の人格が存在。haruさんは「haru@メンタルなんにんもいる人」というツイッターをアカウントを持っていて、5万人以上のフォロワーを獲得している。haruさんが同番組に登場するのは初めてではないが、ライバル局の関係者は率直に「驚いた」と語る。

「もし本当に多重人格者なら、この方は精神障害者ですし、実際に本人もSNSのプロフィールで障害者手帳の保有者であることを明かしています。精神障害者がバラエティ番組に出演しても何ら問題はありませんが、番組では、『恋人が2人できた』『お笑い芸人が悩み相談をしたら?』と、障害を興味本位に取り上げており、人権上きわめて問題があると言わざるを得ません。同じ病気で悩む障害者への偏見を助長することになり、“本人が同意しているから良い”という理屈も通用しないでしょう」(民放局ディレクター)

12

TBSがまた放送倫理違反!? 障害者手帳を持つ「多重人格者」をバラエティで笑いものにする不見識のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

ダンサー君島かれんの野望

 グラマラスなボディを武器に、全国各地のクラブのステージで扇情的に踊ってきた川崎市出...
写真