日刊サイゾー トップ > 社会  > 産業医が解説する「自粛」の難しさ

「自粛できない人」はどんな人なのか? 産業医が解説「自制心は健康不安と社会的抑圧のバランスに左右される」

文=日刊サイゾー

なぜ30代の感染者が増えるのか?

 「例えば今、40代の、それなりの役職に就いている電通の社員がもしも新橋の個室居酒屋で合コンをしていたとしたら、間違いなくバッシングされますよね? 小池都知事の自粛要請を無視して、上場企業の社長がナイトクラブに行って女性たちと密接な会話を楽しんでいたとしたら、メディアにも書き立てられ、経営者としての信用を失うことになるでしょう。40~50代ともなれば健康不安も大きいですし、みんな“外出して叩かれたくない”“誰かに外出しているところを見られたくない”という思いがあるからこそ、自制心が強く働くのです。対して20代は、まだ健康不安も低くて、かつ社会的地位も低い人が多いですから、抑圧が効きにくいわけです。

 じゃあ、60代以上の高齢者はどうかというと、健康不安が高くて、(リタイアしているため)社会的に特定の立場を持たない人が多くいる。「ITmedia ビジネスオンライン」によると外出自粛がでた週末のアンケートで60代が最も活発に外出していたとか。健康不安こそあるものの、彼らはとにかく時間もありますし、世間の目を気にする必要もないため、気が緩みやすい傾向にあるかもしれません」

 さらに、東京都が発表した3月25日~4月1日にかけての感染者を世代別に見てみると、416人中、30代が89 人で最多となっている。30代に感染者が増えている理由については、何が要因となっているのだろうか。

 「30代の場合、40代以上の人たちに比べると健康不安が低く、かつ20代に比べると“不要不急”の言い訳がつきやすいことが、感染拡大の要因のひとつなのではないかと考えています。外食をする際にも『仕事で会わないといけないから仕方ないよね』と言い訳できるし、『仕事のために出かけたところたまたま』と枕詞をつければ、目黒川の桜の写真をSNSにアップすることに罪悪感を抱くこともない。もちろん、本当に必要な仕事で仕方なくという方も大勢いるでしょう。ただ、拡大の引き金の一因として『30代は言い訳がつきやすい人が多い』ということも僕は考えられるのではないかと思っています」

 では、危機感を持って自制心を働かせていくためには、どうしたらいいのだろうか。

123

「自粛できない人」はどんな人なのか? 産業医が解説「自制心は健康不安と社会的抑圧のバランスに左右される」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真