日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 亮、テレビ復帰も話題にならず

視聴者は興味ない!? ロンブー亮、サプライズで地上波テレビ復帰も話題にならず大惨事

文=日刊サイゾー

ロンドンブーツ1号2号・田村亮

 昨年6月に闇営業問題が発覚、芸能活動を休止しその後再開させていたお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村亮が7日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)にサプライズ出演。久々に“地上波テレビ復帰”を果たした。

 番組ではいきなりスタジオの隅から登場し「ご迷惑をおかけしました」と謝罪。淳からは「しばらくはそこ(隅っこ)で見学で」と“仮復帰”のようなポジションで今後、番組収録に参加していくことが伝えられた。

 先だって5日深夜にはKBS京都ラジオの『らぶゆ~きょうと』でラジオ復帰。こちらは吉本興業の大崎洋会長がDJを務める新番組で「今、一番暇やろうなと思って」と初回ゲストに呼ばれており、ようやくひと通りのメディアで“復帰”が実現した。

 だが、お笑い関係者は「思ったほど話題にならなかったのは亮さんとしてはアンラッキーだったかもしれない」と振り返る。

「ラジオ番組に関しては、ゆかりのある他番組からの出演という可能性もあったが、結局反乱した相手でもあり、吉本興業トップである大崎さんの番組に出演することで事務所との和解を強調するためのアピール材料に使われてしまった感は否めない。それでも、地上波レギュラー番組の『ロンハー』の復帰ならもっと盛り上がるはずだが、7日は政府が緊急事態宣言を発令、スポーツ紙の芸能面も関連記事でほぼ埋まるなど、ほぼ無風状態に。また、『ロンハー』自体が低視聴率であえいでいて、深夜枠に移動後もパッとしないまま。親しい関係者からも『亮さん、ついてないね』と嘆きの声が噴出しています」

 芸人人生の大ピンチを切り抜けたかと思われた亮だが、世間はそれほど関心がなかったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/10 12:00

視聴者は興味ない!? ロンブー亮、サプライズで地上波テレビ復帰も話題にならず大惨事のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

土方歳三、残虐すぎて映像化不可能な人間性

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真