本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

自民党は言論機関に圧力をかけていた…あるTVプロデューサーの死去で思い出す“TBS成田事件”

文=本多圭(ほんだ・けい)

TBS放送センター

 テレビプロデューサーの大原れいこさん(本名・犬飼麗子)が4月27日、膠芽腫のため死去した。84歳だった。大原さんの名前を聞いて、筆者は約50年前の“TBS成田事件”を思い出した。

 “TBS成田事件”とは、1968年、当時、新東京国際空港問題(成田闘争)を取材していた東京放送(現・TBS)のドキュメンタリー制作スタッフが、新空港建設反対集会の取材に向かう際、集会参加者10人を取材用のマイクロバスに便乗させていたことが発覚。政府・自民党からの非難を受けて、計8人が処分を受けた事件だ。その中の一人が、大原れいこさんだった。

 当時、自民党は言論機関に対して、たびたび圧力をかけていた。

 成田事件の前年の1967年には、『JNNニューススコープ』の初代キャスター・田英夫さんが、ベトナム戦争中の北ベトナムを取材した『ハノイーー田英夫の証言』の中で、当時のアメリカが事実を伝えていないと報じたことに対し、政府自民党は“TBSは左寄りの偏向報道だ”と批判。今道潤三TBS社長(当時)と報道局長を自民党本部に呼びつけ、抗議している。社長は不快感を示したというが、同年2月9日に放送された『現代の主役 日の丸』を制作した報道局プロデューサーの萩元晴彦氏と、『ハノイ』を担当した村木良彦氏が人事異動になった。『現代の主役 日の丸』も、自民党内で“偏向報道”と問題視されていたのだ。

 これに、TBS報道局の組合員が「懲罰人事だ」と、人事異動および処分の撤回を求めた。だが、そんななか、『JNNニュースコープ』の田さんが突然、キャスターを降板。報道局員組合員は「報道の自由は死んだ」との喪章を着け、労働闘争に突入した。これがTBS闘争だ。

 この闘争は、約100日あまりにわたって繰り広げられた。結果、一部の処分は撤回されたが、それ以外は成果を上げられないまま終結した。

 会社に失望した萩元と村木は、TBSを退社。制作会社「テレビマンユニオン」を設立した。放送局から独立した、日本初の番組制作会社だった。同社設立後、プロデューサーとして参加したのが大原さんだった。

 それから、1年後。筆者は、6カ月契約のアルバイトとしてTBSの報道局で働くようになった。報道制作部には、後に千葉県知事になった堂本曉子さんもいたが、その時に見た大原さんは眩しかった。

 6カ月後、契約が切れた筆者は、契約内容が不当だとして、TBS労組の援護のもと、同じアルバイト数名と争議団を結成し、臨時の労働運動を展開した。その傍らで、組合運動を手伝いながら、反戦デモにも積極的に参加した。結局、それが組合からも“過激派“だとみなされ、除名されてTBSを去った。その後、「週刊ポスト」(小学館)の専属記者を経て、フリーに転身。現在に至っている。

 大原さんの訃報に触れ、血気盛んだった昭和の時代を思い出した。大原さんの死に、改めて合掌。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。

サイト:記事一覧

最終更新:2020/05/09 17:45

自民党は言論機関に圧力をかけていた…あるTVプロデューサーの死去で思い出す“TBS成田事件”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真