日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 渡部、第2、3波のタレコミ殺到

アンジャ渡部建、今度は元カノが性行為を暴露で第2波、第3波のタレコミ殺到

文=日刊サイゾー

アンジャッシュ・渡部建

「週刊文春」(文藝春秋/6月18日号)で複数の女性との不倫を報じられ、芸能活動自粛に追い込まれた、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建だが、まだまだ各メディアの“渡部祭り”が続きそうだ。

「どうやら結婚後も女遊びはやめられなかったようで、コロナの感染ではありませんが、第2波、第3波の報道がありそうです。各週刊誌・女性誌には渡部の“被害者”からのタレコミが殺到。とはいえ、この波に便乗して“ガセネタ”を売り込む輩もいるようで、中にはとんでもない誤報もありそうです」(週刊誌記者) 

 渡部といえば、妻の佐々木希と結婚する前、有名人で交際が報じられたのは、すでに既婚者となった女優の伊藤裕子ぐらいだったが、夕刊紙「日刊ゲンダイ」に対し、元交際相手の30代の女優が匿名で赤裸々に告白している。

 記事によると、2人は5~6年前に出会い交際に発展したというが、食事中の渡部はとにかくうんちくを並べ立てていたのだとか。気になる渡部の性行為だが、「自分がイケば終わり、っていう“超自己中男”でした。絶倫感はゼロ」と振り返っている。また、キスは初めてホテルに行く前にしただけで、その後はなし。愛情表現も一切なしで、いつも先に1人でとっとと風呂に入っていたそう。そのため、2~3カ月で破局を迎えたという。

 今回の文春報道に接したこの女優は、「女を道具としか思っていなかったのは今も変わらないんですね」と、怒りをあらわにしている。

「素人女性を相手に“塩対応”で見下しているのは明らか。まだうわさされているお相手のAV女優の名前は出ていないが、AVまがいのすさまじいプレーを要求している可能性もありそうだ」(芸能記者)

 今後の記事により、渡部は再起不能なほどのダメージを受けそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/15 21:30

アンジャ渡部建、今度は元カノが性行為を暴露で第2波、第3波のタレコミ殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真