日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > カンニング竹山、伝説キャラ

カンニング竹山、ステイホーム中のバイオリン挑戦で“あの伝説キャラ”の復活を望む声

文=日刊サイゾー

カンニング竹山

 ステイホーム期間をグータラ過ごさずに「新たなスキル」を身につける時間にしたことで、その後の大ブレイクにつながるかもしれない。

 そんな中、カンニング竹山が「コロナをぶっとばせ!」と銘打ちスタートさせた始めた企画が話題を呼んでいる。芸能ライターが解説する。

「LINE NEWSの動画コンテンツ『VISION』において、『#1ヵ月でバイオリン弾けるのか竹山』と題して、幼少期以来だったというバイオリンに挑戦。全6回の配信がアップされています。竹山はのちに同じ事務所の所属だと知った“美人すぎるバイオリニスト”岡部磨知に弟子入り。音を出すのも難しい楽器にもかかわらず、1カ月にわたってオンライン個人レッスンを受けた結果、ぎこちないながらも『情熱大陸』(TBS系)のテーマ曲を弾けるほどになっていました。竹山は企画が終わってもさらなる上達を目指し、岡部に月謝を払い、対面でのプライベートレッスンに励んでいるそうです」

 竹山はかなりガチでバイオリンに取り組んでいるようだが、ネット上ではあるキャラクターの復活を熱望する声が続出している。

「2005年に『笑いの金メダル』(テレビ朝日系)で披露していた『バイオリン忍者ター坊』を思い出した人が多かったようですね。このネタは忍者コスチュームの竹山が『○◯斬り……残念!』『~ですから~』のフレーズで当時、大ブレイクしていた波田陽区の『ギター侍』をパクリまくり。竹山がキレ芸を売りにしていた時期でもあっただけに、そのギャップが爆笑を誘い、お笑いファンの間では“伝説のキャラ”となっています」(放送作家)

 竹山が忍者コスでバイオリンを持って登場、ガチ演奏を披露する――そんな場面を見てみたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/16 21:02

カンニング竹山、ステイホーム中のバイオリン挑戦で“あの伝説キャラ”の復活を望む声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

『デフレの正体』(角川oneテーマ21/2010年)、『里山資本主義』(NHK広島取...
写真