日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > カンニング竹山、伝説キャラ

カンニング竹山、ステイホーム中のバイオリン挑戦で“あの伝説キャラ”の復活を望む声

文=日刊サイゾー

カンニング竹山

 ステイホーム期間をグータラ過ごさずに「新たなスキル」を身につける時間にしたことで、その後の大ブレイクにつながるかもしれない。

 そんな中、カンニング竹山が「コロナをぶっとばせ!」と銘打ちスタートさせた始めた企画が話題を呼んでいる。芸能ライターが解説する。

「LINE NEWSの動画コンテンツ『VISION』において、『#1ヵ月でバイオリン弾けるのか竹山』と題して、幼少期以来だったというバイオリンに挑戦。全6回の配信がアップされています。竹山はのちに同じ事務所の所属だと知った“美人すぎるバイオリニスト”岡部磨知に弟子入り。音を出すのも難しい楽器にもかかわらず、1カ月にわたってオンライン個人レッスンを受けた結果、ぎこちないながらも『情熱大陸』(TBS系)のテーマ曲を弾けるほどになっていました。竹山は企画が終わってもさらなる上達を目指し、岡部に月謝を払い、対面でのプライベートレッスンに励んでいるそうです」

 竹山はかなりガチでバイオリンに取り組んでいるようだが、ネット上ではあるキャラクターの復活を熱望する声が続出している。

「2005年に『笑いの金メダル』(テレビ朝日系)で披露していた『バイオリン忍者ター坊』を思い出した人が多かったようですね。このネタは忍者コスチュームの竹山が『○◯斬り……残念!』『~ですから~』のフレーズで当時、大ブレイクしていた波田陽区の『ギター侍』をパクリまくり。竹山がキレ芸を売りにしていた時期でもあっただけに、そのギャップが爆笑を誘い、お笑いファンの間では“伝説のキャラ”となっています」(放送作家)

 竹山が忍者コスでバイオリンを持って登場、ガチ演奏を披露する――そんな場面を見てみたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/16 21:02

カンニング竹山、ステイホーム中のバイオリン挑戦で“あの伝説キャラ”の復活を望む声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

北条家の残忍さが発揮される比企能員の乱

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真