日刊サイゾー トップ > 芸能  > 横浜流星、メイク姿に大反響

横浜流星、コスメブランドのモデル抜擢で「世界基準」に? メイク姿が「美しすぎる」と大反響

文=日刊サイゾー

「NARS」公式サイトより

 俳優の横浜流星がコスメブランド・NARSの日本限定コレクションのモデルに抜擢され、その姿が大きな話題を呼んでいる。NARSといえばニューヨークで生まれ、その後資生堂に買収されたことで日本でも爆発的に店舗を増やし、いまや全国の百貨店で取り扱われる人気ブランドだ。

 今回横浜はダンサーの菅原小春と共に、NARSの化粧品で実際にメイクを施した姿を披露。これがSNSを中心に「美しすぎる」と大反響を呼んでいるのだ。男性がコスメブランドのモデルになること自体は珍しくないが、実際にメイクをほどこす姿には新鮮さを覚える。しかし、広告代理店関係者は「コスメブランドが男性モデルを起用するのは、世界的な潮流」だと語る。

「コスメ大国のお隣韓国では、K-POPアイドルなどが化粧品のモデルになることがここ数年スタンダードになっている。彼らは実際ステージに立つ際メイクをほどこすし、世界的に売れているからインバウンド効果が期待できる面もあって重宝されているんです。また、2010年以降は欧米でもコスメブランドが男性モデルとタッグを組む流れがあるし、日本でも最近はジャニーズのラウールくん(Snow Man)がDiorの口紅を塗った広告を展開して少し話題になりました。さらに、ファッション業界では最近特に『多様性』が重要なテーマになっている。今回のNARSの男性と女性のモデルが並んでメイクを施すというアプローチも、そうした『今っぽい』流れに沿ったものでしょう」

 横浜は2019年にドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で、深田恭子の相手役を務め一気にブレイク。しかし、その後の初主演ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(20年)が振るわず、次回作『私たちはどうかしている』(共に日本テレビ系)も不安視されていたが、「今回のモデル起用は追い風になりそう」と語るのは中堅芸能事務所幹部だ。

「正直、こういう仕事は羨ましいですよ! うちだってやりたい(笑)。若手イケメン俳優は、とにかく女性ファンを増やしていくことが課題なわけですが、最近は女性たちの目も厳しいから、安易な『壁ドン』系の恋愛映画は逆にけちょんけちょんにバッシングされたりするパターンもある(苦笑)。その点コスメブランドのモデルなんて、女性ウケは100%保証されてますから。しかも『自らメイクを施す』というアプローチも意識高めでいいですよねぇ。横浜くんがここまでブレイクするとは思っていなかったのですが、さらに勢いづきそうな予感がします」

 美しいメイク姿で世界基準を体現した横浜は、ますます世の女性たちを夢中にさせそうな予感だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/23 01:21

横浜流星、コスメブランドのモデル抜擢で「世界基準」に? メイク姿が「美しすぎる」と大反響のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

志らく「選挙に行かない若者」を突き放す

 7月5日、日曜日は東京都知事選挙。選挙が近...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真