日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 刺青Jリーガーたちに物議

ゴリゴリの和彫りも……松田、宇佐美、槙野etc.着々と増える刺青Jリーガーたち

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ゴリゴリの和彫りも……松田、宇佐美、槙野etc.着々と増える刺青Jリーガーたちの画像1
細貝萌とハーフナー・マイク(Getty Images)

 NBAや海外サッカーの試合を見ていると、タトゥー・刺青を入れていない選手のほうが少ない場面さえあるが、ここ最近、Jリーグでも刺青を入れている選手が増えている。一方サッカーと対をなす人気スポーツのプロ野球では、刺青を見せてプレーしているのは外国人選手だけだ。フリーのスポーツライターはいう。

「ここ最近、日本のスポーツ界で問題視されるようになってきたのが、アスリートのタトゥーです。世界的には問題にならないことが多いですが、日本では刺青に対する目は厳しく、昨年のラグビーW杯でも『タトゥーを隠すように』というお達しが出て、海外諸国もそれを受け入れ、タトゥーを隠しました。

 プロ野球界では、清原和博が引退後に刺青を入れたのは有名ですが、日本人の現役選手で入れている選手は聞いたことがありません。私の記憶では、ハッキリと刺青を見せてプレーした最初の選手はカブレラ(西武ほか)ですが、あれは外国人だから許されていた面もある。プロ野球はファンも関係者も保守的ですから、日本人選手が刺青を入れているのがバレたら叩かれかねないし、引退後に球界に残るのも難しくなるかもしれない」(スポーツライター)

 だが、サッカー界はまったく別だ。刺青を入れるだけでなく、それを隠すことなくプレーしている選手がいくらでもいる。週刊誌のスポーツ担当記者がいう。

「今年で言うと、セレッソ大阪のDFの松田陸が、腕に派手な刺青を入れて関係者の間で話題になりました。そのほか、日本代表組では宇佐美貴史(ガンバ大阪)、槙野智章(浦和レッズ)、柿谷曜一朗(セレッソ大阪)、酒井高徳(ヴィッセル神戸)、小林祐希(ベルギー・ベフェレン)、井手口陽介(ガンバ大阪)、鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)など、さらに小野伸二(FC琉球)、佐藤寿人(ジェフユナイテッド千葉)、引退した田中マルクス闘莉王、柳沢敦、鈴木隆行、ラモス瑠偉なども刺青が入っています。

 意外なところでは元サッカー女子日本代表の澤穂希も刺青を入れています。インパクト抜群なのは、長身FWとして日本代表に何度も選ばれたハーフナー・マイクでしょう。腕にヤクザ顔負けの和彫の刺青が入っていて、あれは、一般人はちょっと引いてしまうかもしれません」(スポーツ担当記者)

 日本ではまだまだ刺青に対する目は厳しいが、実力の世界で生きる彼らには、外野の声など聞こえないのかもしれない。ただ、現実的な問題はある。

「日本代表戦は刺青の露出はNGで、小林祐希は代表に呼ばれた時、テープで隠していました。やっぱり、スポンサーが良い顔をしないんですよね。また日本の場合、刺青があると、ホテルの風呂やサウナなどが使えないことも多く、裏方スタッフがホテルと交渉したり、入浴時間を調整したりする手間も生じるので、自分だけの問題で収まりません。海外でプレーできるレベルならともかく、J2、J3でプレーする可能性がある選手は、刺青は入れないほうが身のためですね」(スポーツ担当記者)

 結局のところ、「刺青のデザインを考えるヒマがあるなら、サッカーの練習をしろ」ということか。

最終更新:2020/08/16 09:00

ゴリゴリの和彫りも……松田、宇佐美、槙野etc.着々と増える刺青Jリーガーたちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ノーラン監督『テネット』レビュー

 潜在意識の世界が具象化された世界を『イ...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真