日刊サイゾー トップ > 芸能  > 河野大臣も目が届かない? 芸能&スポーツの「紙文化」

河野大臣も目が届かない? 霞が関だけじゃない! コロナ禍でもやめられない芸能&スポーツ「紙文化」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

河野大臣も目が届かない? 霞が関だけじゃない! コロナ禍でもやめられない芸能&スポーツ「紙文化」の画像1
※写真はイメージです。(GettyImagesより)

 先月25日にハンコ廃止を強力に推し進めている河野太郎行政改革大臣が、次なる目標としてペーパーレス化やFAXの廃止を訴えているが、それらを報じるマスコミ業界でも改革は進んでいないのが現状だ。

 情報番組の芸能デスクは「いまだに記者会見をはじめ、PR関係のリリースはFAX配信が多いですね。特に、芸能プロからの冠婚葬祭関連の発表がメールで送られてきたのは、記憶にない。PDFファイルで、暗証番号を入れるなどセキュリティをしっかりやれば今すぐにでもペーパーレスが可能だけど、一向にそれをやろうとしない。完全に遅れていると思います」と指摘。

 記者会見案内については、メールによる配信もあるというが、記者たちの間では「いずれにせよ、紙ベースで出して取材スケジュールを組んだりするから結局一緒(笑)。すべて、オンライン上でやれるようにならないと、今後も変わらないよ」と嘆いている。

 スポーツに関しても一緒だという。スポーツ紙の運動部デスクが実情を明かす。

「プロ野球球団のリリーフは、いまだにFAXで投げ込んでくる球団がありますし、サッカーのJリーグのクラブチームもそう。コロナ禍で記者はテレワーク中なのに、問い合わせすると『FAX入れましたので』との回答だったことも(苦笑)。もっと酷いのは五輪種目にもなっているとある競技の大会取材申請で、申請もFAX限定の上、大会事務局が承認印を押したものをFAXで返すから当日、紙に出力をして持参せよという内容だった。「『史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会』を謳っているのにこんな有様なので、現場では『時代錯誤もいいところ』と苦情の声が多かったですね」

 もっとも、一部の競技団体は「今春以降、FAXとメール両方で受付したり、会見もYouTubeチャンネルを臨時で開設、現地に行けなくてもネット上で参加でき質問できる体制を整えた」という話もあり、進歩している面もあるが……。ハンコ廃止、ペーパーレス化は何も霞が関だけの話題でないのは間違いない。

最終更新:2020/10/05 11:41

河野大臣も目が届かない? 霞が関だけじゃない! コロナ禍でもやめられない芸能&スポーツ「紙文化」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

ジョブズもハマった禅僧、驚愕人生と素顔

 スティーブ・ジョブズが師と慕い、一時は生活を共にした禅僧・乙川弘文(おとがわ・...
写真