日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ダイアンなぜブレイクできない

ダイアン! なぜブレイクできない! 東京の番組スタッフも「どう面白くしたらいいのか」と苦悩

文=日刊サイゾー

ダイアン! なぜブレイクできない! 東京の番組スタッフも「どう面白くしたらいいのか」と苦悩の画像1
YouTube「ダイアン公式チャンネル」も伸び悩んでいる様子

 地上波、ネット、地方局なども合わせて10本以上のレギュラー番組を抱えている千鳥。大阪から上京してすぐの頃はなかなかブレイクできずにいたが、いまや人気ナンバーワン芸人と言っても過言ではないほどの活躍を見せている。そんな千鳥に追随するように、2018年に東京進出したのが1年後輩のダイアンだ。しかし2年たった現在、“ポスト千鳥”として期待されつつも、大ブレイクには至っていない。

「ダイアンをどう面白くするかという点で悩んでいる東京のバラエティ番組スタッフはたくさんいます。本人たちはセンスもあるし、面白いというのはわかっているんですが、なかなかハマるポジションが見つからないんですよね……」(バラエティ番組関係者)

 ツッコミ担当の津田篤宏は、テレビ朝日系『ロンドンハーツ』などのドッキリ企画に登場する機会も多い。

「津田さんのリアクションは決して悪くないし、少々“クズ”な人間性がにじみ出てくるのも面白い。周囲の芸人からもイジられやすいので、収録現場ではまあまあいい感じになるんです。でも、オンエア後の反響が全然ない(苦笑)。現場のスタッフには支持されても、視聴者に支持されないんですよね……。

 ボケのユースケさんも、ひな壇では毎回1度や2度くらいセンスのあるボケで現場をわかしてくれます。でも、前へ前へと出るタイプではないので、ほかの出演者に押されてしまうことも多い。面白いんだけど、使いにくいという印象が強いんです。2人ともすでにおじさんで、フレッシュ感が圧倒的に足りないのも厳しい。もっとキャッチーさがあればいいんですが……」(同)

 番組スタッフたちを悩ませ続けるダイアン。どうすれば、ブレイクのチャンスを掴めるのだろうか。

「千鳥も、最初はダイアンと似たような状況で、スタッフや共演者からは“面白い”と言われていたけど、それが視聴者まで伝わらないという感じでした。でも、そんななかノブさんの“クセが強い”というキャッチーなフレーズが広まったことで、一気にいろいろな番組に呼ばれるようになった。ダイアンにも、そういうフレーズが必要なんでしょうね。多少狙っていくくらいの感じで、キャッチーなフレーズを作り出していくしかないのかもしれません」(構成作家)

 キャッチーなフレーズに関しても「ゴイゴイスー」「すぐ言う~!」「ウーマです」など、さまざま試してみているようだが、なかなか当たりが出ず、もがき続けるダイアン。業界内での高い評価を、世間に知らしめるときはくるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/06 16:00

ダイアン! なぜブレイクできない! 東京の番組スタッフも「どう面白くしたらいいのか」と苦悩のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真