日刊サイゾー トップ > スポーツ > フィギュアスケート  > 浅田舞、「真央の姉」で悩むも世間は「グラビア」大合唱

浅田舞、「真央の姉」で悩むも世間は「グラビア」大合唱で一発回答

文=日刊サイゾー

浅田舞オフィシャルサイトより

 フィギュアスケーターでタレントの浅田舞が、11月23日放送の『アイアム冒険少年 秋の無人島脱出3時間SP』(TBS系)に出演。同番組で、国民的スターを妹に持つことへの想いを明かした場面が、話題となっている。

「舞は『自分の良さって何だろうとか、自分が求められていることって、妹のことを話すことなのかな』と語り、“真央の姉”という肩書に縛られていたことを告白。これは舞が芸能界入りした時から言われ続けていたことで、世間にとっては今さらという気もしますが、思わず涙していたことから、本人にとってはかなり根深い悩みだったのだと思います」(芸能記者)

 とはいえ、ネット上では、「巨乳売りでいいやん」「求められているのはエロさ」の声が……。舞の悩みに一発回答を出している。

「彼女が、真央よりもタレント価値が上がっていたのが、2015年にビキニ写真集『舞』(集英社)を出したときでした。これまでは衣装に隠れていたバストが話題を呼び、写真集ランキングで1位に。メイキングDVDを付録にした『週刊プレイボーイ』(同)は売り上げが10%アップしたとか。未公開カットを配信した有料ウェブマガジンは、過去最高の売り上げを記録しています。ところが、以降は露出を封印。今もインスタグラムで谷間を見せたり、女性誌では『大きさよりも、形が重要』と、自身のお手入れ法を事細かく説明したりしていますが、中途半端になってしまっている」(出版関係者)

 もっとも、『冒険少年』ではドラム缶風呂に入る場面でウェットスーツの上着を脱ぎ、バストラインを露わにさせるなどして、視聴者をクギ付けにさせてもいる。

 自身のストロングポイントを小出しにしている舞に、スケベ丸出しのおじさんは翻弄されているのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/28 22:00

浅田舞、「真央の姉」で悩むも世間は「グラビア」大合唱で一発回答のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真