日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

小室圭さん母の元婚約者「眞子さま、もうお金(400万円)はいりません」は最後の“賭け”なのか?

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

吉永小百合と東映トップの”深い仲”

 岡田裕介東映グループ社長が亡くなった。享年71。昔はいい男だった。親父は東映の社長だった。慶応大学在学中に俳優としてデビューした。

 その後、東映に入社して、トップになり、制作の指揮もとっていたそうだ。中でも吉永小百合主演の映画制作に多く関わってきた。

 文春は、その吉永が結婚後に、岡田の自宅で二人きりで過ごした後、岡田が彼女を車で送る姿をFOCUSに撮られたことがあったと報じている。

 吉永は、これから撮影に入る台本を、岡田に読んでもらっていたという「苦しい弁明」をしたが、今だったら、「吉永不倫発覚」と大騒ぎになっただろう。

 当時を知る芸能関係者がこう話している。

「実は『FOCUS』はもっと深い関係を匂わせる写真も撮った。しかし、俳優時代から岡田氏の面倒を見てきた有名プロデューサーが間に入り、車中写真が使われることになったのです」

 岡田は生涯独身を通した。

 吉永小百合は恋多き女だと、私は思っている。私がフライデー編集長時代、西武鉄道グループの堤義明オーナーと恋仲にあるという情報を追ったことがあった。

 赤坂プリンスホテルから2人して出て来るところを撮ったが、使えなかった。ホテルで打ち合わせをしていたといわれれば、こちらにはそれ以上突っ込む手札がなかった。

 西武ライオンズにいた頃の清原和博とも噂になった。岡田の話から外れたが、そういえば吉永の亭主も岡田(太郎)だったな。

 ところで安倍前首相の桜疑惑の捜査は今後どうなるのだろうか。新潮が何人かに聞いているが、大方は「安倍さん本人が起訴されるとは思えない」という見方。

 東京地検特捜部元副部長で弁護士の若狭勝も、「もし、秘書だけでも在宅起訴して罰金刑にできるなら、政治と距離を置く検察本来の秋霜烈日の姿に戻ったと、むしろ嬉しく思いますけどね」と、古巣には期待していないようである。

123456789

小室圭さん母の元婚約者「眞子さま、もうお金(400万円)はいりません」は最後の“賭け”なのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

山田邦子がYouTuberに!?

――歯に衣着せぬ発言で芸能界の裏事情を語り倒す動画。配信者は、山田邦子。えっ、あの邦ちゃ...
写真