日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > TKO・木下のパワハラで『警視庁ゼロ係』“連ドラ化”不能?

TKO・木下隆行のパワハラ騒動などでテレ東唯一の人気ドラマ『警視庁ゼロ係』が“連ドラ”ストップ?

文=田中七男

TKO・木下隆行のパワハラ騒動などでテレ東唯一の人気ドラマ『警視庁ゼロ係』が連ドラストップ?の画像1
番組ウェブサイトより

 テレビ東京きっての人気ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(小泉孝太郎主演)が2021年1月25日に単発の『出張捜査スペシャル』として放送されることがわかり、ファンから歓喜の声が上がる一方で、連ドラでのオンエアを強く望む意見が多数見受けられるようだ。

 同作は16年1月期にFIRST SEASONが、17年から19年まで毎年7月期にSECOND SEASONからSEASON4までが放送された。なかなか視聴率が獲れない同局の連ドラの中では、常時7%程度(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区)をマークしてきた“唯一“の人気ドラマシリーズといっていい。それだけに、SEASON5のオンエアは誰より同局が待望しているはずだが、なぜ制作ができなかったのか?

「SEASON4が放送された後の昨秋から、カレー好きの名物巡査長役でレギュラー出演していたTKO・木下隆行が後輩芸人などにパワハラ行為をしているとの報道が相次ぎました。結果的に木下は3月に松竹芸能をやめる事態に発展。脇役ですし、木下がいなくてもドラマは成立しますが、同局内で続編を制作する雰囲気ではなくなってしまったとも言われています。この騒動がなければ、今年中にもSEASON5のオンエアがあったかもしれません。テレ東では当面続編がつくれない“穴埋め”として、1月期に小泉の主演ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』を放送しました。

 来年1月のスペシャルでは、松下由樹、安達祐実、戸塚純貴、片岡鶴太郎らのおなじみのレギュラーキャストが再集結しますが、木下は当然外されています。まずは特番ドラマでワンクッション置いて、もろもろほとぼりが冷めた頃にSEASON5が制作されるというところかもしれません」(テレビ局関係者)

 木下の件などネガティブな要素が影響してしまったようだ。同局にとっては、“ドル箱”的なドラマだけに、一定の冷却期間をへて、SEASON5を放送したいところだろう。

田中七男

最終更新:2020/12/22 20:00

TKO・木下隆行のパワハラ騒動などでテレ東唯一の人気ドラマ『警視庁ゼロ係』が“連ドラ”ストップ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

911から20年…「大バカ者」と嘆きの声

 2001年9月11日、テロ組織アルカイダによ...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真